読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自力で元気になるブログ

就活を放り投げて趣味に生きる男の図

『シン・ゴジラ』初見時感想

映画 駄話 乾燥した感想

地元のシネプレックスで4DXやってたので見てきました。最高でした。また明日見ようかって勢いなので、いま初見時の、見たまんまの感想書いときます。

 

 

 

※微ネタバレ注意

 

一応ゴジラシリーズはミレニアムシリーズのVSメガギラス(トンボの尻尾を噛み砕くエンド)とファイナルウォーズ(という名のドンフライ無双)を劇場で見て、それ以外はCSの日本映画専門チャンネルの一挙放送で一気に見た記憶があります。1番好きなのはビオランテです。権藤さん。

あとは、ニコニコ動画でAVGNの「ゴジラソン」って動画シリーズとかzirai(福袋)さんのゴジラ動画見まくってさらに見てる感じです。そんなニワカの感想ってことを承知の上ご覧ください。

 

あと各所で言われてる「エヴァっぽい」って件は、アニメシリーズと新劇場版序・破(見た記憶しかないしQは見てない)って段階ではありますが、フォントとか音とか蒲田のあいつとかの時点で「あぁ…エヴァだ…」っていう感じは思いました。

 

ゴジラシリーズって基本「ゴジラと戦う」or「ゴジラ何かと戦う」の2パターンだと思ってて、でそれぞれ「自衛隊orGフォース」目線or「(物理的に)力なき民(学者とか部落の後継とか)」目線のどっちかに分けられる思うんですよ。

例えばファイナルウォーズなんて、「ゴジラ対何か」と「松岡&ドンフライタッグVS北村一輝」じゃないですか。松岡目線で。

 

今回それでいうと、多分長谷川さん、あと『巨大不明生物特設災害対策本部』が軸になってると。

かつ現代日本が舞台、一方歴代ゴジラ作品の流れを完全に忘れてるので作中の世界では『ゴジラ』って存在も知られてないわけだから、当然メーサーなんてないし、機龍とかもなく。完全に官僚や政府が頭ひねって巨大不明生物の生態を明かすところから倒すってところまで見せるってのは、歴代見てもかなり珍しいというか。(そういう意味で、キングジムのファイルの大活躍さよ)

 

僕は政界詳しくはないですけど、内閣や閣僚ってこんな感じ?っていうリアルさはひしひし感じるし、ありがちな「怒鳴りや叫び」「慟哭」「クソみたいなリア充アピール」はなるべく無しで。だから徹頭徹尾調査・情報収集用の待ちと調整で話が進んで、なのに退屈しない。

 

これは、完全にリサーチ勝ちでしょうね。部屋とかの外面だけでなく実際どう動くかの政治的な検証の結果。

 

というわけで、シン・ゴジラ

「徹底した対ゴジラという視線」

「現代日本にゴジラが現れた時のドキュメンタリー風」

そして

「文字通り「調整」で解決を図る『巨大不明生物特設災害対策本部』のチームもの」

 

以上の結論から、パトレイバー的雰囲気、もっと言えばシン・ゴジラとは「全てが上手くいった交渉人真下正義』の特撮版」ってことになりますね!

 

映画『交渉人・真下正義』ネタバレ解説/感想 - 1年で365本ひたすら映画を観まくる日記

 

だってそうじゃないですか!明らかなギャグシーンとか、こうくる…こうくる…と見せかけての「…お前!!??」のスカシ芸とか。

そう見ると、会議室の後ろの人まで引っ切り無しに動き回ってる感じは完全に踊る大捜査線本広克行監督のそれだし、見れば見るほどあの巨災対の連中が真下正義の部下チームに見える個性さだし。

ちなみにラーメンズ好きなので、GOLDEN BALLS LIVE見まくったので野間口徹さんが出番多くて良かったのと、食いタンとか見てたので市川実日子さんのあの感じ良かった。あと高橋一生さんね!!!すごい良かった。かわいい。

 

 

 

という訳で、今回のファースト感想は「シン・ゴジラ交渉人 真下正義」説を大声で叫んどいて、明日か明後日見に行きますー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、前田敦子さんとマフィア梶田さんとピエール瀧さんは発見しました。梶田さんつおい。瀧さん軍人似合いすぎ。