自力で元気になるブログ

ハマでは新機軸のジュリアン

2018年上半期ベストトラック&アルバムトップ11

番組(サカナクション全曲レビュー)の途中ですが、ここで今年の上半期ベストトラック、そしてベストアルバムを発表いたします。

 

 

まだ6月前半ですが、結局12月中旬には我慢できず年間ベスト出しますし、なんなら11月にアイドル楽曲大賞投票始まりますし、今がちょうど半分、ということにしていただけませんか。

 

じゃあ上半期ベストトラックトップ11から。なぜトップ11かって?常に一歩先を行きたいからさ…

 

 

上半期ベストトラック

 

11位WHY@DOLL「Sweet

 Vinegar」


WHY@DOLL「Sweet Vinegar」MV

10位tofubeats「ふめつのこころ」


tofubeats「ふめつのこころ」

9位UNISON SQUARE GARDEN「君の瞳に恋してない」


UNISON SQUARE GARDEN「君の瞳に恋してない」

8位フジファブリック「電光石火」

www.youtube.com

7位きゃりーぱみゅぱみゅ 「きみのみかた」


きゃりーぱみゅぱみゅ - きみのみかた , KYARY PAMYU PAMYU - Kimino Mikata

6位フレンズ「NO BITTER LIFE」


【MV】フレンズ meets 窪田正孝「#NoBitterLife」

5位Awesome City Club「ダンシングファイター」


Awesome City Club - 「ダンシングファイター」Music Video(Short ver.)

4位フレデリック「飄々とエモーション」


【期間限定公開中!】フレデリック「飄々とエモーション」リリックビデオ

3位DOTAMA「音楽ワルキューレ3」

www.youtube.com

2位フルカワユタカ feat.原昌和 (the band apart) 「ドナルドとウォルター」


フルカワユタカ feat.原昌和 (the band apart) / ドナルドとウォルター (Short ver.) 2018.06.06 on sale

1位Nulbarich 「ain't on the map yet 」


Nulbarich – ain't on the map yet (Official Music Video)

 

 

最初はフレンズオーサムにNulbarichで三強かなあって思ってましたけどねー…

上位は特にビバラで見てよかったとか、そういいやつですね

 

あとフジファブリックは個人的に再ブームが来てます。

 
上半期ベストアルバム

11位中田裕二「NOBODY KNOWS」

10位小袋成彬「分離派の夏」

9位DATS「Digital Analog Translation System ver.1」

8位a flood of circlea flood of circle

7位 フルカワユタカ 「Yesterday Today Tomorrow」

6位BRIAN SINSEKAI「Entree」

5位ましのみ「ぺっとぼとリテラシー

4位土岐麻子SAFARI

3位Nulbarich「H.O.T」

2位cero「POLY LIFE MULTI SOUL」

1位中田ヤスタカ「Digital Native」

 

正直今年については過去作聴いている時間が長くて、加えて自宅のパソコンのCDドライブの故障で音源が取り込まなくなって、アルバム単位で審査を聞けていないんですけども、だいたいこんな感じかなあと

 

 

エレクトロ系が多い印象で、中田さんの曲は完全にクラブで見て影響をすぐ受けてますね…

 

今年でいうと、サカナクションは絶対聞きますし、Perfumeも出るとのことでして。ユニゾンリリスクもアルバム単位ではまだ聴けてない作品残ってますし、これから取り返します

 

サカナクション全曲レビュー(A)

Base Ball Bearの全曲レビューをした際に1番よく出てきた単語、それは「サカナクション」でした、多分。

 

こちらからご覧ください

 

colorfulwhite2.hatenablog.com

colorfulwhite2.hatenablog.com

colorfulwhite2.hatenablog.com

 

 

Base Ball Bearサカナクションは、すごく近い、というか鏡みたいな感じだと思いますね。

もっとも大きな軸が

 

ナンバガスーパーカーの流れを汲みつつ、ギターによってダンスミュージックもポップスも鳴らすBase Ball Bear

・ダンスミュージックを取り入れ、シンセを使いバンドサウンドを鳴らすサカナクション

 

 

ということ。

 

他にもベボベ=夏の日差し、サカナ=冬の夜、みたいなアイコン性とか、逆にベースが女性とか女声混成バンドだったりの共通点とか…

 

 

というわけで、Base Ball Bear全曲レビューに続いて、サカナクション全曲レビューを行いたいと思います。

 

意外に当時のレビューやインタビューがネットにあるので、そちらも参照にしつつ…

新作も含め、もちろんシングルのカップリングやリミックスもレビューしたいと思います、思ってますけど勉強しながらなのでご容赦ください。今回は北海道時代のアルバム2枚。

 

『GO TO THE FUTURE』

1.「三日月サンセット」

この時期の音源に関しては「サカナクション結成以前=前身バンド"ダッチマン"時代」「ダッチマン活動終了→山口岩寺によるサカナクション時代」「サポートの草刈岡崎江島が正式加入した5人組のサカナクション時代」と、正直複雑極まりない状況でして。

例えばこれは、ダッチマン時代からある曲であり、アルバムリリース以前からメディアに出ていた曲でもありますね。

2.「インナーワールド」

イントロにあるギターのリフ、フェイザーかなんかのエフェクトがかかっててシュワシュワしたうねりがかかってるんですけど、「三日月サンセット」を含め未だにライブ演奏で良く使われてる音の作りですね。
3.「あめふら」

今の5人のサカナクションになって最初の曲、とのこと。

江島さんが、加入当時はあまりダンスミュージックのリズムの取り方をわかってなかったらしいってのは結構あちこちでされてる話で、この時期は「バンドサウンドに電子音が乗っかってる」みたいな構造がよくあります

4.「GO TO THE FUTURE」

サカナクションの音楽的な特徴を挙げるとすれば、僕は「ヨナ抜き音階」だと思ったんですね。それも、この曲みたいなちょっとオリエンタルな雰囲気がYMOとかのテクノの流れを感じる、という形の。

ヨナ抜き、って「和っぽい」「J-POPの秘訣」っていう表現もありますけど一方では中国の音階でもあるんですよね。
5.「フクロウ」

聴き始めの頃、よくわからない歌詞だなあと思ったらアドリブだそうです、ええ…

山口岩寺の2人組での活動は、DJ+ギターでギターはほぼアドリブだったそうです

6.「開花」

大方バンドサウンドで出来上がってる曲、こっちはむしろストレートなギターロックに草刈さんのベースがグルーブ感を与えてる、というのがあって軸足がダンスミュージックじゃないところにあるのかなと。
7.「白波トップウォーター

この曲は、始めはミニマルな雰囲気で1番のサビまで進んで、そのあと2番に入るとキメの作り方とか盛り上がりの作りが完全にバンドサウンドのそれに変わる構造になってて、一郎さんのボーカルにその違いが顕著に出てますね。
8.「夜の東側」

星野源さんとやってたUSTREAMの番組で弾き語りしてたのがすごく良かったのが記憶にあります。全く電子音とか空間系のギターのエフェクトがなくても、歌詞とコード感とメロディーラインときちんと成立してる。

 

 

 

『NIGHT FISHING』

1.「ワード」

作詞家としての一郎さんは、韻を踏むどころか完全に同じワードの繰り返しにしたり1、2番の歌詞が完全に同じだったりが特徴。あと、同じ世代だとベボベ小出さんはむしろ細かい心理描写とか情景を描くのが得意なんですけど、一郎さんは心情を描くにしてもかなり抽象的な歌詞が多いですね。
2.「サンプル」

この曲は「ダッチマン時代」からある曲で、サカナ版になってからシンセフル活用って感じです。最近のライブでの演奏、特にTDCホールのライブでやってたような徐々に音が増えてくアレンジは、この時期の音源に近い印象です。
3.「ナイトフィッシングイズグッド」

めっちゃ長い、けどずっとやってて聴いてるから慣れてるという印象なんですけど最初はやっぱり周囲の評判は「サンプルをリード曲に」だったようですね。

あとクイーン「ボヘミアンラプソディー」の流れなんて以前に、女声混成バンドの中で、歌い方やメロディの組み立てとして合唱を取り入れたの全然いないですよね。
4.「雨は気まぐれ」

すごく好きな曲です。

ギター主体のバンドにキーボードが一パートとして加わってるのはよくみるんですけど、楽器使ってダンスミュージックそのものを演奏するって言う取り組みは、特にこの時期は他にやってる人少なかった。ドーパンとか電話ズは、まだちょっと文脈違う気もするし…
5.「マレーシア32」

そして、特徴的なインスト曲ですよね、このアルバム唯一「作曲:サカナクション」です。

この頃の方がむしろバンドとクラブの融合体みたいな感じはしますよね。時期的にも、ラップトップで演奏したことはないはず。

6.「うねり」

アルバム一枚に一曲はこれ見たいなスロウな曲が入ってるんですけど、シンセ使った浮遊感のあるサウンドの曲はこっからじゃないかな。

あと、メトロノームの音が入ってるのはこれだけ
7.「ティーンエイジ」

江島さんのドラムが炸裂しまくってる曲で、「白波〜」みたいに、ミニマルなビートからどんどん曲が熱量を帯びていく展開ですね。

あと、コーラスは意外に普通の歌い方。

8.「哀愁トレイン」

これ今シングルででたら結構アツくないですか?実は「アイデンティティ」とか「Aoi」とかの流れの源流だと思うんですけどこれ。

9.「新しい世界」

Aメロ、Bメロ、サビ、全部バラバラみたいな曲で、特にリズムに関してはまるっきり別曲な勢いなんですけど、そこは「フォーク」という共通言語でまとまってるようですね。それぞれのパートも、サビはマイナーコード入ってるけど、全体的にはかなりシンプルなコード進行だし。
10.「アムスフィッシュ」

アムステルダム」、なんか意味あるのかなって思ったら「自然に出てきた」らしいです

でもアムステルダムって運河があって海も近くて、それこそ一郎さんの故郷である小樽を思わせるものが、どっかにあるかもですね。

 

 『「NIGHT FISHING IS GOOD」TOUR 2008 in SAPPORO』

2008年3月8日、札幌のPENNY LANE24のライブ音源です、iTunesでは当時コールドプレイを抜いてランキング一位取ったらしいんですけど、全く知らなかったしApple Musicで聞けないしなので割愛。

 

『REMIXion』

1.「三日月サンセット(FPM EVERLUST MIX)」

Fantastic Plastic Machineの田中さんによるリミックス、サカナのリミックスベストにも田中さんのアルバムにも収録されてます。

「繰り返す」を繰り返すのはあれですね、「ポリリズム」ですね(ちょっとまて)

2.「サンプル(cosmic version)」

 こちらは札幌を拠点に活動しているDJのKuniyuki Takahashiさんのリミックス

ギターのリフを生かしつつ、より宇宙感がアップしてます。

 

 

まとめ

初期の北海道時代、特徴的なのは「フォークソング」ってとこかなあって。

ただし、曲を聴いてて素直に「一郎さんの心情」がわかるか、と言えばとっても難しいんです

一郎さんの歌詞の特徴って、心のありのままを表現してるんですけど、「こういうことがあってこう思った」とか「こうしたい」みたいなのが控えめです。でも、目に見えてる景色とかははっきりするんですよね。絵画的というか。

他の人で言えばベボベ小出さんとかは聴いてて何時何分のどこにいる、みたいな情景が浮かぶしすごく物語的だなとか。

 

ざっくりまとめましたが、ひとまず今日は初期のサウンドと歌詞についての特徴、ってことで。

 

次回は東京進出から、「アルクアラウンド」「アイデンティティ」「ルーキー」のあたりの話になるはず。

ロックインジャパン2018メインステージ出演者予想

 

基準は
・メインのグラスステージより1個規模が小さいパークステージ(1万弱)で入りきらなそう
・ここんとこフェスでメインステージ出てる
・(初)マークはグラスに初めて出るマークです
などです。また便宜上、以下のように区分けします。

 

確定→これまでのRIJ、CDJのメインステージの常連と言えそうなグループ、及び目玉と言える大物
有力→過去メインステージに出たことがあるが直近はサブステージに出てるor過去小さめのステージに出た後間を空けて久々に出演する人たち。
微レ存→セカンドには出るんじゃないかってメンツ。
 
 
 
ちなみに、この2フェスにおいて出演するステージの上下と立ち位置を連動させて考えることは、出演者や邦楽のジャーナリスト的にもほぼ固まってるのではないか、という前提で考えておりますが、失礼がありましたら申し訳ないです。

 

 

【8月4日(土)】

確定

UVERworld

エレファントカシマシ

クリープハイプ

10-FEET

欅坂46(最終発表)

 

有力

THE ORAL CIGARETTES(初)

東京スカパラダイスオーケストラ(7組

 

微レ存

m-flo(メイン歴あり

キュウソネコカミ
go!go!vanillas
SUPER BEAVER
鈴木愛理
BIGMAMA
フジファブリック(冬メイン歴あり
Base Ball Bear(メイン歴あり
THE BAWDIES(メイン歴あり
MONGOL800(メイン歴あり
LiSA

最終発表

Aqua Timez

・NGT48

・coldrain

SPECIAL OTHERS(メイン歴あり

 

(備考)

・オーラル はそろそろ良いんじゃないかと

スカパラも流石にメインで出すだろうと

・06年以来ひっさびさ、LISAさんは初参加になるm-floはたぶん森でトリなんじゃないかな

・現状トリっぽいのは10-FEETだけどトリやりすぎ感はある

・最終追加発表で特記すべきは、去年夏冬でメインに立った欅坂と、昨年末CDJギャラクシーで入場規制にしてみせたAqua Timez

CDJでいえば、NGTは真裏がWANIMAだったんで誰もいませんでしたが、果たして。

 

 

【8月5日(日)】

確定
ASIAN KUNG-FU GENERATION
きゃりーぱみゅぱみゅ

Dragon Ash

マキシマム ザ ホルモン

レキシ(初出演)

 

有力

松任谷由実(初)

UNISON SQUARE GARDEN(初)(7組)

 

微レ存

HY(メイン歴
奥田民生(メイン歴
サンボマスター(メイン歴
SKY-HI & THE SUPER FLYERS
スキマスイッチ(冬メイン歴あり
sumika
Nulbarich
HYDE(ソロでメイン歴あり

フレデリック

MY FIRST STORY
My Hair is Bad

最終追加発表

POLYSICS(メイン歴あり)

BiSH

 

(備考)

・ユニゾンもいい加減メインでいいだろうと

ユーミンはマジでわかりません。ありがちなのはメイントリ前。それからレイクの昼下がりの時間帯

・トリは、冬→春とアジカントリで続いているの考えると久々にDragon Ashかなあ

・最終追加発表でBiSH。これはわからん。今思えばマイヘアでもマイファスでもメイン行けそうな気がするし、競るとすればユニゾンあたりとだと思う。

・ロッキンのフェスにおけるアイドルって一時期青田刈りのようにステージ固められたことも影響して「初出場初メイン」みたいなことって本当レアなんですよね(だから去年のももクロはすごかったのだ)

今回初出演組の中でもトップクラスの動員力あるのは間違いないので、どうするんだろうロッキンオン…

 

 

【8月11日(土・祝)】

確定

KANA-BOON

ゴールデンボンバー

MAN WITH A MISSION

ももいろクローバーZ

 

有力

NICO Touches the Walls

miwa
KEYTALK(初)


微レ存
indigo la End
9mm Parabellum Bullet(メイン歴あり)
清水ミチコ
でんぱ組.inc
ナオト・インティライミ

夜の本気ダンス
Little Glee Monster

・最終追加発表

the band apart

Mrs.Green Apple 

 

(備考)

・まさかのももクロ連投。トリまである。

清水ミチコはたぶん森

・miwaは紅白落ちた以後の流れ、NICOも新作リリースないしあんまり存在感薄れてる(ファン目線)、でも変わりは9mm くらいのもので。

・トリ、マンウィズやったことないはず。かももクロ

 

【8月12日(日)】

確定

ゲスの極み乙女。

サザンオールスターズ(6/17追加)

 

有力

Superfly

04 Limited Sazabys(初)
BLUE ENCOUNT(初)

 

微レ存
ACIDMAN(ヘッドライナー歴あり

岡崎体育(7組)

 

 

ヤバイTシャツ屋さん

ストレイテナー(ヘッドライナー歴あり)

ORANGE RANGE
SILENT SIREN
JUN SKY WALKER(S)
HEY-SMITH
ROTTENGRAFFTY

モーニング娘。'18

私立恵比寿中学

 

(備考)

・いくらなんでもこの日弱すぎねぇか。僕は大好きだけど。

・Superflyは、キャンセル除けば09以来。未知数ではある。ジュンスカはだいぶ昔にCDJ出てたけど、今はどうなんだろう。

・トリはまだ発表されてないんだと思う。

・最終発表で、ついにきたモー娘。ハロプロ初出演がたぶん°C-uteだったと思うんですが、御大登場ですね。あるとすれば岡崎体育ヤバTあたりと競うことになるかなあって。

 

・6/17の報道より、(最終発表とは一体というのは置いといて)サザンオールスターズ追加。ヘッドライナーは決まりましたね。

と同時に、(アニバーサリーイヤーで記念グラスあるかな)と思ってたストレイテナーや、個人的にグラス外さない気がしたACIDMANという線は無くなったなあって気がしてます。

・あと岡崎体育よりはヤバいTシャツ屋さんかなあって気がしました。

・よってORANGE RANGEをサザンに変更

 

 

まとめ

まだまだ発表あるはずだし、注視します。

 

最終来てしまいましたが、タイムテーブルはまだだったので答え合わせは次回です。

 

 

VIVA LA ROCK2018にいった…けど…

なんでしょうねこのモヤモヤ感はw

 

これが、この不自由感こそがフェスなのだって言われると腑に落ちるし、現実たのしかったので問題自体は許容範囲内なんだけど、これこのままでいいわけないしもっとなんとかなんないのかって気もしています。はい。

 

 

f:id:colorfulwhite2:20180505142644j:image

 

こんな動きでした。まずは個別の話を交えつつ。

 

CHAI

初見でした。事前の印象は、はっきり言えば全然好みじゃなかったですよw

音楽的には絶対好きだとは思ってたけど、顔とかバンド全体のスタンスとか、「コンプレックス」絡みの扱い方とか狙いすぎてて僕にはちょっと引っかからなかったんですが。

 

一緒のくくりにしていいのかわからないんだけど、例えば電気グルーヴ、最近だと岡崎体育みたいなコミックソング好きだし、ああそうやって聞けばいいのかなってやっと腑に落ちた、絶対違うけどな。

 

あと、後述しますが良くも悪くも音響凄まじいってのを早速気がつきました

 

 

 

フレデリック

最後の「オドループ」だけ駆け込んで見たりとかはありましたが、ちゃんと観たのは初めてでした。ずーっと見たかったんだけど、タイムテーブル上どうしても裏が被ってたりしてたので、こうやって時間いっぱいメインステージで観れてよかったです。

 

ここでも音圧すげえってなりました。

あと、多分「オドループ」バズり始めの頃は振りコピをしてる人が会場の9割くらいだったんですけど、今年のビバラ、僕の周りではそんな人皆無でした。

 

 

フレンズ

気がついたら、好きなバンドランキングトップ10に食い込んできてるフレンズですが、だいぶ後ろの方まで人がいてすごく感動しました。売れろ。

 

100%フルパワーで心から楽しいことをしているのが今のフレンズである、っていう話をすると、妙に薄っぺらく感じるのなんなんすかね〜…

 

 

 sumika

去年CDJのライブすごく良かったんですよね。

 

あまり期間も空いてないので、正直なんとなく観た感はありますが、相変わらず良かったですよ。スケール感は広くなったけど、良さが目減りしなかった。

 

D.A.N

これも初見でした。アルバムを復習していきました。

 

あっ、めっちゃ重低音がいい感じ!と思ったしロックフェスの大きめなステージでこんなに音圧を感じながらダンスミュージック聴けたの初めてなので、良かったです。

 

DATS

初見多いんですよ今回。とあるフォロワーさんがどハマりしていらっしゃったので興味はありました。

 

ただ入るのちょっと遅れちゃって、全然顔見れなかったので、後ろにあったモニターで確認しながら聞いてました。D.A.Nからの流れがとても良かったですね。ルックスも音楽も必要以上にシュッとしてなくて、ワイルドさが滲み出ててよかった。

 

King Gnu

この日の目玉その1。途中フレンズのトークイベント見に抜けましたけど、それでも早めに入れました。

 

これ、身の回りにものすごくファンが多くて、真裏が僕の大好きなSKY-HIのスペシャルステージだったんですけど、こっち来て僕は良かったです。

 

ツインボーカルで、片方はなんかエフェクトかかってるなって思ってたらライブで拡声器使って歌ってたんですよね。

もう片方は結構高音ですごくエモーショナルに歌ってました。基本複雑な曲だと思うんですけど、メロディーラインがちょっと歌謡曲チックで、不穏なオーラと耳馴染みの良さがすごくいいバランスだって思った。これははまっちゃうのわかる

 

 

レキシ

3年前のビバラぶりかな?King Gnuと少し時間被ってたんですが、長いMCの途中で入りました。ライブ自体は、前の同じ感覚でずっと面白いですよね。正直ライブ前後に思った不満がかなりあるので別途書きます。

 

 

Nulbarich

本日の目玉その2だったんですけど途中で入って途中で抜けちゃった。悔しい。ちゃんと観たかった。

 

見た分だけの話ですが、ライブ自体はすごく良かったです。僕はジャミロクワイをちゃんと通ったわけじゃないですけど、当時ああいう感じで受け入れ始めたのかな?って。

 

スピッツ

初見だと思ってたんですけどものすごーく昔に見てたらしいんですよね。

 

散々レキシが「稲穂がキラリ☆」ってネタにしまくってたのを、本人がちゃんと一曲目にやった挙句稲穂を拾ってあげてたりして良かった。

 

あと「素敵な夜にするからさ」って草野さんのセリフに死にました。照れ臭そうにしてるのを見て二回死にました。 

 

 

サカナクション

正直全く期待してませんでした。直近結構見てたんで。

 

新宝島で始まらない」

「特に凝ったアレンジをしないサンプル」

アイデンティティが普通に終わる」

「セントレイ」

「エンドレス」

「アンコールで陽炎」

 

など、色々ありました。そうそう、こういうのを待ってたんだよ!!!!

黙ってワンマン行けって話なんですけどね。

 

 

まとめ

あえていうなら過去最高を更新した分過去最低だったかなと。

 

音の面はすごく良くなった。VIVAステージは比じゃないくらい良かったと思うんだけど、全体的にどこにいてもうるさいし、耳キンキンしたり子供連れ大丈夫かとか心配なったし。

 

ソールドアウトして賑わってて、屋台は混んでるの仕方ないって思うけど、一方でステージ間の移動の動線が完全に機能してなくて、演奏中の移動を前提にみんなが動いてるのほんと失礼じゃないか?って。

いやそうするしかないんですよ。メインステージすら入れないみたいなことになってたりとかですね。

 

タイムテーブルで言えば、STARとVIVAが互い違いにスタートするので、最悪1万単位で人が動きます。そのために「Cゲート」が追加されたんだけどこのゲートVIVA STAGE演奏中は開かないので、じゃあ全く意味ないですよね。

しかも一旦外出たところで、スタンディングに行くにはVIVAやCAVEに入るルートを途中まで通らないと入らなくて、じゃあCゲートの存在価値無いんですよね。

 

あとこの日、レキシがものすごく動員多くて、通路にも人がぎっしりいるみたいな。安全管理上絶対問題だよねこれ見たいな。

 

 

完全に、たまアリでのフェス開催の上限まで来てしまったと思うんですよ。人の多さが。数年かけて幕張メッセを全域使うようになったCDJ、実はまだ一個ステージ増やせるJAPAN JAMと比べて、もうすでに使い切ってしまってて、すごい先行きが不安でした。

 

あとは、ところどころ「それ大丈夫なん?」って正気で問い詰めたいくらいのファンとか色々あったんだけど、やめときます。

 

 

僕からは、しつこいようですが「演奏中の移動を前提にしたフェスの設計は早く変えろ」「仕様の変更はなるべく告知しろ」「100〜200の移動方法増やしてくれ」ですかねー

 

音についてはかなり良かった。メンツが揃えば、来年も行きたい。鹿野さん頑張ってください。

Base Ball Bear全曲レビュー part3

なんとビバラまでの空き時間で書いてます。一ヶ月も空いてしまった。

 

今回は4thアルバムの流れの始まりだった「yoakemae」から最新アルバム『光源』の「darling」までのレビューです。ということは、時期的には2011年5月〜現在になります。

レビューを始める前にいくつか「おことわり」があります。

 

 

まず、時期的な補足として知っておいてほしいことが、それは東日本大震災の影響です。

 

事実としては、10周年記念のツアーが数会場延期になりました。このツアーのコンセプトは「アルバム再現」でしたが、6枚のアルバムのうち『LOVE & POP』の再現だけは「それをする気になれない」ということからボツになり、結果ツアー全体のコンセプトも変更になりました。 

ここから分かるように、前回のレビューでも書いた『LOVE & POP』の扱いはここで少し変わっている、ということがわかります。故に前回読んでいただいた方はその辺りを知った上で読んで頂ければと思います。

 

 

そして今回の全曲レビュー、個別のレビューも頑張りますが、どうしてもメンバー脱退の件について全く触れない、というわけにはいけませんでした。

 

はっきりと申し上げますが、今回のブログの中でメンバー脱退について話すことは、全て憶測です。なぜなら、公式にメンバーから語られた内容は、公式にホームページ等で発表された内容と分量的には同じだからです。

しかし、バンドの構造も含めてレビューで触れてる以上構造の変化には触れないわけには行かず、語られていない分は推測で補完するしかありません。ご了承ください。

 

 

colorfulwhite2.hatenablog.com

colorfulwhite2.hatenablog.com

 

 

シングル『yoakemae』

1.yoakemae

流れとしては「changes」「神々LOCKS YOU」を正直に歌えないくらいの心理状況だった小出さんにとっての「夜明け前」なんだと思うんですよね。

この時期に地元のライブハウスでライブ見て、会場限定の「yoakemae」のCDを堀之内さんから直接買いました 笑


2.Fragile Baby(18:30)

恒例のレゲエコーナーですが、こういうアップテンポで、ちょっと日本のミクスチャーロックみたいな感触が一気に出てるのがポイントですね。しかし、めっちゃラップしてる「歌ってるんだBaby」や「The CUT」の曲調にはレゲエ要素ないという。

 

シングル『short hair』

1short hair

ベボベ史で1番メジャーというか、知れ渡ってる曲だと思う。本田翼の代表作と言っていいはず。

一回演奏したことがあるんですけど、半音下げのチューニングだった以外はめっちゃ演奏簡単でした。

 

2ido(feat. 呂布)(14:00)

「The Cut」のニュアンスを参考にすると、ギターロックでダンスミュージックを演奏するというアプローチをしていて、そこにこれまでずっと行ってきたレゲエやダブの要素を少しずつ盛り込んでいる、結果的に今のクラブシーンに近いことになったという。 

 

 

シングル『Tabibito In The Dark / スローモーションをもう一度 part.2』

1Tabibito In The Dark

『LOVE & POP』のころに何があったかは知らないんですけど、「この街に必要ない存在」っていうワードが頻出するのがこの時期の小出さんで、この部分なのかなと推測するしかないです。

 

2スローモーションをもう一度 part.2(12:00)

たぶんベボベ版「アイデンティティ」だとおもうけど、「アイデンティティ」は自分を見つけてるんですよね。ベボベのほうは、「目が覚めた」その瞬間の、その後への覚悟を決めた瞬間の曲。

ひねくれたコードが全くない、かなりコード進行がストレートです。

 

 

アルバム『新呼吸

1深朝(4:00)

このアルバムは一日の部分部分を切り取って曲にしたというコンセプト(元ネタがBerryz工房第②成長記』って話を聞いたことがある)で、一回割当たった時間にその曲を聴くってのをやっていきなり失敗しました。

冒頭の音はちゃんと演奏してます。

 

2ダビングデイズ(7:00)

「スローモーションをもう一度part2」の「映画の中」「ドラマの中」と並べて聞くと、何にもがいていたのかがうっすらわかるような気がします。

手元のMUSICAによると同じギターの演奏を、何パートも重ねて立体感を出してる、とのことです。

 

3school zone(9:00)

世界観やギターの音色が、かなりインディーズ期、もっと言えば「17才」以前にかなり近いんですけど、決定的に「自分はもう学生ではない」という立場から歌われているところが特徴かなと。

 

4転校生(13:00)

文字通り「Transfer Girl」の続編であり、「ラビリンスへのタイミング」や「青い春.虚無」なんかにあったカッティング+16ビートを主軸にした曲で、2回目の武道館でのライブが堀之内さんのドラムソロ→小出さんのギターとの絡み→二人が入って「転校生」の演奏、という流れが完璧なのでDVD買ってください

 

5スローモーションをもう一度(16:00)

同じタイトルの漫画がありまして、でもあまりつながりはないかなと。ストーリーは、リア充グループの男の子が実は80年代アイドルが好きで、でも誰ともその穴氏ができなくて、みたいな。

曲は、レゲエ・ダブコーナーですが、歌ってる内容は普通にベボベらしい歌詞です。

 

6short hair(17:00)

この歌詞のすごいところは具体的に自分が何歳で「君」がどういう人かっていうのを全く言ってないのに、情景描写がめっちゃはかどるところなんですよ。おんなじ話を「(like a)Transfer Girl」でします。

 

7Tabibito In The Dark(19:00)

最近のライブの話をすると、感想をめっちゃ伸ばして盛り上げてる印象で、「yoakemae」にも同じことが言えるんですけど、たぶん当初そうするつもりをあえて削ったのかなとか、そうやって盛りあげる形を意識してるのかなとおもいました。

 

8ヒカリナ(21:00)

この曲めっちゃ好きです。

僕の妄想を言うと、この曲は「changes」を歌いなおしたものだっていう。全く共通項ないんですけどね。

あとは、「Dark」の次が「ヒカリ」というながれなんですよ。

 

9夜空1/2(24:00)

歌詞はチャットモンチーの福岡さんと共作です。ちなみにこれをチャットモンチーが演奏してるところは、全くなかったはず。

一番歌いだしが小出さんで関根さんがコーラス、2番になると歌割が逆になる、というデュエットを強く意識した曲でもあり、ひさびさですよね。

 

10kodoku no synthesizer(26:00)

Bメロ歌い切りの音だけめっちゃ低くなるのはサカナクション山口さんの真似だとおもいました。か岡村ちゃん

シンセサイザーってタイトルなのにシンセサイザーの音を入れないあたり徹底して「4人で鳴らせる音を鳴らす」制約を徹底してます。

 

11yoakemae(hontou_no_yoakemae ver.)(27:00)

今ライブでやっているバージョンはAメロがもう一回繰り返され、落ちサビ前後の感想が長くなってるバージョンになってます。『光源』初回盤のCDJの映像があるんですが死ぬほどかっこいいので探してください

 

12新呼吸(29:00)

 最初のサビと後のサビで大きく違うのは「sus4」ってコードが後者には入っていて、これがさらに開けた印象の曲調になってるんじゃないか、とコードを調べてうろ覚え知識をつかってみた。

 

 

 

ミニアルバム『初恋』

1初恋

「君に 少し会いに急いだ」「君に会いに 少し急いだ」のものすごく繊細なダブルミーニング、「最初の恋にしょう」から「最後の恋にしよう」へと移行する歌詞の流れが完璧すぎると思います。ベボベの歌詞でトップレベルに好き。

 

2ぼくらのfrai awei

ベボベのライブ、17年の人間交差点と日比谷ノンフィクションでホーン隊が入ったライブがありましたが、それ以外の、「4人以外の音が入らない」の制約がったあった時代に、ベボベ4人以外の楽器の音が入ったライブは一個だけ。この曲をヒャダインさんの鍵盤込みで弾いた時のことでした。

 

3君はノンフィクション

ヒャダインさんとのコラボ曲、音源にはシンセ等の音ははいってません。が、岡村ちゃんとのこれには入ってます。「ベボベの世界で岡村ちゃん風味が強い曲」ですが、「愛はおしゃれじゃない」はこれの真逆ですね。

 

 

 

シングル『PERFECT BLUE

1PERFECT BLUE

ベスト盤と同時に発売って事で、MV含めこれまでのベボベの記念碑であり、同時に「過去の遺物」としてやっと「学生時代」「青春」にケリをつけれた、そんな歌なんだと思う

個人的な思い入れを言えば、高校卒業する2週間前くらいにこの歌がリリースされたんですよ。僕の青春を、小出さんが、この歌がきっちり殺してくれたから、今の僕がいるんだと思う。いつか会えたら本当にありがとうと言いたいですね。

 

2アイノシタイ

スガシカオさんがツイッターで曲名を募集する企画でライターの三宅正一さんの回答を拝借した、という経緯があったり、未だにフルの歌詞が出てなかったり、周りの情報がやけに充実している 笑

 

3Typical Girl

すごく久々な関根さんボーカル曲。そして、恒例のダブ/レゲエコーナーであったようなややダウナーな雰囲気の曲ですが、もう1つは「ヘブンズドアー」以来すごく久々な「少し世間から浮いてる女の子」の曲です、

 

ミニアルバム『The Cut』

1The Cut -feat. RHYMESTER-

イントロの印象的なリフは、「新呼吸」で取り上げた「Esus4」ってコードです。

あと、この辺りから指引きのベースがどんどん前に出てきます。「バンドの構造」に大きな変化が出てきたのが非常にデカイですね。

 

2ストレンジダンサー

めっちゃ好きだったんだけどライブで全くやる気配がなくて、人気投票後のライブで初お披露目でした。

その時だけかもですが、弓木さん音源と全然違うメロディ弾いてましたね。

 

3恋する感覚 -feat. 花澤香菜-

一曲目もですが、ボーカルにメンバー4人以外の声が入るのは呂布さん以来のことです。強いて言えばナカコーさんか。

小出関根であれば当然関根さんのが声高い訳ですが、それにも増して声が高い花澤さん 笑

 

シングル『ファンファーレがきこえる / senkou_hanabi

1ファンファーレがきこえる 

CMのタイアップはこの曲が最後なんですよね、実は。シングルのはずなのにライブでやってる印象があまり無いんですよね。せっかくの「ドラマチック」ぶりの野球ソングなのに。

 

2senkou_hanabi 

どちらかというと、『C2』における「HUMAN」に近いし、『二十九歳』とは合わないよね。

歌詞のポイントは、出て来る全員「あの子」みたいな三人称で、サビで一気にまとめて「あの時僕らは まばたきもせずに/ 眩しさの中に居たんだ」って全部の人を受け止めるんですよね。大成功した人も失敗した人も、どっちつかずの人だって、みんな。

 

the pillows25周年記念トリビュートアルバム
「ROCK AND SYMPATHY -tribute to the pillows-」

・Funny Bunny

この曲はピロウズという枠を超えて、言わずと知れたロックの"アンセム"だと思うんですよ。そういう曲を選ぶ時点ですごいんですけど、明らかにコードが変わってました。「彼氏彼女の関係」や「不思議な夜」あたりよく使われる「maj7」ですね。

 

アルバム『二十九歳』

01 何才

「あースーパーカーだなあ」が第一印象です。

何者にもなれなかった人が「ナンバーガール」や「スーパーカー」というような憧れを見つけて追いかけて、紆余曲折あってここまで来た。『十七歳』でナンバガ風味を自分流に調整できるようになった彼らの、もう一個の答えが『二十九歳』の冒頭のこれなのかな。


02 アンビバレントダンサー

例えば「CRAZY〜」や「ラビリンスへのタイミング」「彼氏彼女〜」あたりのカッティングが効いた曲と聞き比べてもらえると、いかにこの段階でのリズム隊の変容がすごいかがわかるはずです。


03ファンファーレがきこえる

相変わらず青臭いなあって思う人もいれば、「締め切りも契約も」みたいに、青春時代のようなエモーションがちゃんと二十九歳のラインに落ちてきてるんですよ

 

04 Ghost Town

どっかの店舗限定の人気投票で一位だったんでしたっけ。

小出さん、よく「周りのみんなに疎外される自分」はよく書くんですが、これみたいな「自分だけは普通で周りの奴らがおかしくなった」的な場面設定は少ないです。


05 yellow

ベボベのイメージとして、「夜っぽさ」を感じる人は特に少ないはずなんですよ。それは、「ドラマチック」や「changes」を想定したら当然なんですが、こういう瞬間を切り取られる曲は、胸がかきむしられるような気分になります。次の曲が来るまでは。


06 そんなに好きじゃなかった

いいリフですよね、めちゃくちゃオールドなハードロックみたいなリフは、言われてみればベボベパワーコード滅多に出てこないな見たいなところからも出てくる話題です

 

07 The Cut -feat. RHYMESTER-

からの歌詞は「それってfor誰?」ってことなので、話は一貫してるし、「初恋」「senkou_hanabi」が入らないってのも頷けるんですが、感覚論ですかね?


08 ERAい人

これを人気投票最下位って扱いにするのはかわいそうな気もしますが。


09 方舟

今までのアルバムでいう「協奏曲」であり「Project Blue」みたいに締めくくりのような役割のスロウな曲です。最初曲名見ずに聞いたのですが、長さ的にそろそろ終わると思ってた


10 The End

3人編成で曲をやることもサポートギター入れていた時期にありましたが、まずレパートリーとして選んだのがこの曲と「Perfect Blue」ってのがもう、偶然じゃないだろうと。


11 スクランブル

アルバムおわんなくてびっくりした曲です。

(青春の終わり=卒業)とするならば、ベボベが歌ってきたような学生の青春って「卒業」で終了なんですけど、その後汗水流して神経すり減らしながら働いていくんですよね。

だから、物語の主人公である勇者=この時の小出さん達は、「The End」で話終わらせちゃダメだったんですよ

 

12 UNDER THE STAR LIGHT

この当時、サカナクションの山口さんとの対談で「4つ打ちのギターロック」に対して明確に距離を置くような話をしていて、ある種の回答なんだと思うんですが、ヒントはベースのメインのリフが単純な八分音符じゃなく横ノリのグルーブを生む形になってる、ところだと思います。「yoakemae」あたりと聞き比べるとリズムわかりやすいはず


13 PERFECT BLUE

あんなに特別感ある曲も、ここに置かれるとちゃんとアルバムの一ピースとして機能してるからすごいですよね。


14 光蘚

アニメ『惡の華』コンセプトCD収録のボーナス・トラックで、知らんうちに新曲が出たぞ(当時アルバムは未発表)って思った記憶がありますが、アルバムで聞いて、なんて辛い曲なんだって絶句した記憶がありますが、内容に関しては次の曲とセットなんだと思う。


15 魔王

「光さすあの丘に/旗を立てた彼のように/なりたい でもなれない/それじゃ僕じゃないから」という一節、これは明らかに(前年ついに紅白に出演した)サカナクションの山口さんのことである、というのはすぐ想像つくかと思う。

殆ど関わることがなくなってしまった2組だけど、またどこかで一緒に並んでるところが見たい。


16 カナリア

『C』における「ラストダンス」みたいなもので、アルバムの作品性としてのエンディングと別に設けられた「物語のオチ」みたいな曲。あるいは、このアルバム全体を映画だとすると、この曲は「スタッフロールの時に流れる主題歌」なんですよね。雰囲気が。

 

 

 

シングル『「それって、for 誰?」 part.1 』

1「それって、for 誰?」 part.1

ベボベファンの皆さん、この曲初見で聞いた時の衝撃すごくなかったですか?ぼくだけ?

「あっ、完全にベボベ別のステージ登ったな」って気持ちと「相変わらず主張エッジ効いてるなあ」が同時に噛み合ってる感じ、ついにきたって思いました。

 

シングル『文化祭の夜』

1文化祭の夜

小出さんの中の「文化祭」イメージ暗すぎてちょっと涙目です。笑

完全に、現役の情景じゃなく「回想」なのが、小出さんのモードの変化を伺えます。

 

シングル『不思議な夜』

1不思議な夜

これも小出さんのモードが完全に変わっているのがわかる曲。

青春みたいなキラキラ感が、完全に現役ではないんだけども、でもこの曲では負けず劣らずのキラキラ感が漂ってるのです。

 

 

アルバム『C2』

1「それって、for 誰?」part.1

ギターのリフは「そんなに〜」歌詞の中身は中身は「The Cut」歌い方は「十字架〜」というウルトラマンタロウタイラント的な曲ですがベースやドラムは今まで全く匂いすらなかったどファンク。

 

2こぼさないでShadow

小出さんと関根さんがここまで譜割り細かく刻んでデュエットするの久々だなって感じですが、一気にムード歌謡みたいになってるのは気のせいですかね?

 

3美しいのさ

過去こうやって「関根さんボーカル曲」が並んだことありませんでした。

あと、ギターをアルペジオで2つハモらせるみたいなこともしてなかったはず。

 

4曖してる

曖昧の「曖」ですよね。「BREEEEZE GIRL」ぶりの同名曲ですが、曲順でいえば関根さんがベボベで始めて「スラップでベースを弾いた曲」になります。

 

5文化祭の夜

自分も高校の文化祭の準備で帰り遅くなることが多かったんですけど、だいたい5〜7月くらいに夜出歩いたらその時の外の匂いで当時を思い出したりしますね。なんの話だ。

 

6レインメーカー

part1で話した「近年の小出さんは『俺』と歌わない」という話、この曲はここでレビューしてる『新呼吸』以後の曲の中で唯一「俺」と歌ってます。

 

7どうしよう

「青春が終わって知った/青春は終わらないってこと」

そうなんです、この段階でベボベの「学生のような青春」は終わってるんです。

そして「青春」のような感情は、まだ潰えてない、だから歌うんだと思います。

 

8カシカ

『C』が「市/街/City」「死」「she」「sea」こ意味である、ということは前も書いたんですか、「詩」でもあり「see/視」でもあるっていうことです。

『C2』が2週目なのかリスタートなのかでいえば、どっちもだと思うけど、個人的にこの曲の特徴は前作「C」に入っても馴染む曲ではないかってこと。

 

9ホーリーロンリーマウンテン

小出さんがハモる。そしてそのハモリが、関根さんの声と同じくらいの大きさでなっていること。

あとは、本当久々な「DeathとLove」。ここにも『C』の色が。

 

10HUMAN

歌詞でやってることは「senkou_hanabi」そのまんまなんですけどね。ここまで雰囲気変わるかと。

返す返すも、はっきり「社会人としてのリアリティ」で歌を歌うようになっても青春感が目減りしないのが今の持ち味なんですよね。

 

11不思議な夜

この並びで聞くと、本当この曲の救いっぷりが目立つんですが。意味合い変わってくるぞと。

 

12「それって、for 誰?」part.2

前作『二十九歳」での「カナリヤ」ほどおとぼけな感じではなくてガチめの歌詞の具合は「part.1」とほぼ同じけど、効能としては全く同じですよね。

 

 

 

ベストアルバム『増補改訂完全版「バンドBのベスト」』

16 祭りのあと (2016 ver.)

ナンバーガール田渕ひさ子さんがギターを弾いてるMVがあります。まさか本当にナンバーガールが出てくるとは。

砂漠に水を撒くようなことでも、という言い回しは前作『二十九歳』のころから各種メディアで出てきてます。

 

 

アルバム『光源』

1すべては君のせいで

本田翼のMVのおかげでだいぶ中和できてるけど、歌詞ほんとエグすぎるんですよね。

だから、こういう曲を聴いて、“本田翼”が「自分を断崖から突き落とす張本人」か「自分なんかに手を差し伸べてくれるヒロイン/ヒーロー」どっちで解釈するかって真っ二つに分かれると思うし、どっちにとっても響く歌を鳴らすベボベらしい曲だと思います。

 

2逆バタフライ・エフェクト

この曲は純ベボベなんですよね。ただ、完全にスリーピースのロックバンドみたいな楽器の構成になっていて例えばボーカル&リズムギター+リードギターって音の出方してないんですよね。ギター1人でやっていける曲になってるんです。

 

3Low way

聞いて見ての感想は、「こういうの待ってた!!」でした。

僕もよく聞く、よく「シティポップ」と形容される音楽性ですけど、ベボベでは主にテンポが合わないのと制約上ギター以外の音入れられないところからあんまり積極的に導入する理由なかったってのが正直なとこなんだと思います

まさかギターだけの曲でそういうのやるとは思わなかったけど

 

4(LIKE A)TRANSFER GIRL

(のような)とはうまいもんで、まんま転校生な訳じゃなく、同じ会社で働いてるのかなとか、もしかして色々まずい関係なのかなとか、いろんな想像が掻き立てられるんですよ。具体的な容姿は全く言ってないのに。

あと象徴的なワードは「紅茶」でしょうか。

 

5寛解

サウンド面で言えば、シンセを使ってちゃんとベボベのノリを決めながら「シティポップ」的なニュアンスも抑えつつ、みたいな仕上がり。

歌詞で言えば、3.5アルバム以降のモードである、と言えますね。「白い壁」みたいなところとか

 

6SHINE

表向きなバンド活動の総括が「PERFECT BLUE」やベスト盤だとしたら、これは裏向きの総括であり、同時に 「これまでのベボベに生きていた『青春』にとどめをさした」曲なんだと思ったんですよ。

「BOY MEETS GIRL」「檸檬」「神様」「プール」「愛してた」「スリートゥーワンでブレイクダウン」みたいな、今まで出てきたモチーフが全部ひっくり返っていくその様がどんどんエッジ効きすぎてすごいです。

 

7リアリティーズ

「誰かでありたいなら 席に着くことさ」「隙間に 地べたにでも空いてる場所を見つけて」これが、青春から十数年経ってたどり着いた「答え」なのかな。

ベボベが歌うことで、救われる人っているはず、少なくとも1人はいるんですよ、ここまでの歌詞を歌ってくれたってのはありがたいなって思います。僕は。青春時代にこの歌詞教えて欲しかったけど。

 

8Darling

アルバム最後はカントリーっぽくするのは決まりなんでしょうか。

関根さんの歌ってない地の声が入ったことはこれまでなかったので結構びっくりしました。「君はノンフィクション」は、囁いてたけどね。声の表現の仕方は、ライブ限定だったけどラップしたり、まだまだやってなかったことをやってる、ということで。

 

 

 

「まとめ」

転換期だったんだと思うんですよ。「青春」って武器が使えなくなってきて、4つ打ちロックが珍しくなくなって…その中で今回のキーワードは「社会人としてのリアリティ」と「豊かな音楽性と、それを可能にする演奏力」だったと。

 

そして、3.5アルバムくらいまではバンドの方向性、舵取りにおけるギターの比重がすごく重かったんですけど、特にリズム隊の技量が上がることで、4ピースががっぷり4つで組み合うような、そういうバンドになった。

 

 

 

そのどこかで、キャパを超えたんだろうなって思います。当時の製作の様子を各種メディアで確認すると、所々で「ギターの録音が遅れた」と。

 

 

 

 

 

その昔、小出さんと堀之内さんの仲が険悪になって、不安がる関根さんに「大丈夫だ」って声をかけたのは、湯浅さんなんですよね。

 

 

こういう状況なので、多分戻ることはそうそう簡単には起こらないと思います。今何してるかはわかりませんが。

 

 

 

ともあれ、ベボベはまだまだ続いていくと思います。新作の気配はちょっとないですけど。待ちます。

 

 

 

 

それでは、次回サカナクション全曲レビューでお会いしましょう!!!!

Base Ball Bear全曲レビュー part2

ベボベの全盛期っていつなんだろう、って時々考えるんですね。

例えばYouTubeのMVで1番再生回数多いのは「short hair」なんですよ。その時期なのか。

あるいはROCK IN JAPANでメインステージのラインナップに名を連ねてた2013年前後なのか。

それとも『C2』『光源』と評論家筋からかなり高い評価を得ている「今」なのか、とか。

 

でも、怒涛の勢いでタイアップを多く獲得していて、キャリア初の武道館公演も行った「changes」〜『LOVE & POP?』の時期、と考える人もとても多いと思うんですね。

 

ところが、インタビュー各種を見ると、どうもこの時期は、特に小出さんにとってかなり「闇の深い」時期であったことがわかっています。

 

 

そういった経緯も含めて、今回のレビューで取り上げていきたいと思います。「抱きしめたい」から「Project Blue」「東京」まで。

 

 

colorfulwhite2.hatenablog.com

colorfulwhite2.hatenablog.com

 

 

シングル『抱きしめたい』

1 抱きしめたい

まず、大前提として『C』リリース後ageha springs玉井健二さんがプロデュースに入った、ということが大きいんですよ。

1番大きいと思うのは、シャウトを滅多にしなくなった、「歌」という部分を意識して聴くことが多くなったことです。

2 彼氏彼女の関係(新しい関係 Version)

僕このバージョンが好きすぎるんですよね。

曲のレビューは前回分参照ということで。

 

シングル『ドラマチック』

1 ドラマチック

実は「爽快感」という要素とか感触はこの曲にはあんまりなくて、BPMも136くらいだし、ギターのソリッド感も少ないです。ちょっとした緊迫感というか、手に汗握る勝負を彩る曲ならこっちの方がいいですよね。「おおきく振りかぶって」見てないけど。

2 透明26時

檸檬」が象徴的に使われたことを前提にした上で「檸檬より柘榴」ってワードが出てきてるのがちょっとポイントで、小出さんがずっと書いてきた「君」像の引き出しがどんどん出てきてるんですよね。

3 夕方ジェネレーション(新しい夕方ver.)

アレンジの洗練具合と同時に、シャウトとか声のエフェクトとかコーラスが加わっていて、より出来が良く、より荒々しいエモーショナルな方面に向かっているという二律背反な感じがこのトラックの特徴かなと。

 

シングル『真夏の条件』

1 真夏の条件

僕正直言ってこの曲そんなに好きじゃなかったんです 笑

でも、こないだのフルカワユタカ さんのイベントで歌ってたのを聴いて印象が大きく変わりました。この曲の本質って歌謡曲チックなところであり、色気なんですね。

2 極彩色イマジネイション(新しいイマジネイション ver.)

この曲のチョイス自体は、これまでリテイクが入った曲たち同様「インディーズ期の代表曲」たちであるということと、あと「真夏の条件」の色味にだいぶ近いところを感じる、っていうところもあるんじゃないでしょうか。熱にうなされて赤黒い感じというか。

 

シングル『愛してる』

1 愛してる

MVを見るとわかりやすいのが、男3人は服をひたすら脱いで行くけど、関根さんは時折服を着るんですよね。

得てして、そういいものなんだと思う。

2 カジュアル・ラヴ

 この時期の完成で作った「SAYONARA NOSTALGIA」なんだと思うんですけど、「SAYONARA~」が日常風景のドキュメントだとすればこの曲は同じ日常風景でも小説的だという部分で大きく違いますね。

3 愛してる [Karaoke ver.](カラオケ・バージョン)

カラオケバージョンが収録されてるのは、この後「ファンファーレがきこえる/senkou_hanabi」とエクストリームシングル三枚のみで、この前後には全く含まれてません。なぜ唐突に入ったのかといえば、たぶん次の曲があるからだと思う。

4 愛してる [史織ロケッツ ver.](史織ロケッツ・バージョン)

玉井さん、元気ロケッツとかやってた方なのでその方法論でアレンジした曲になるわけですけど、リアルタイムで聞いてた記憶を思い返しても正直Perfumeの影がちらついて仕方ないです 笑

 

アルバム『十七歳』

1 17才

最近はアイドルネッサンスの方をずっと聴いてたんですけど、改めて聴いた印象は「キー低っ!」です 笑

このころ、「aimai  memories」評でも述べたように「リアリティのある青春」を歌うことで「ノスタルジアに浸りたい」という構造で、そういう状況が、リアルタイムな心境を歌うことになる「二十九歳」と似てはなるものだと。

そういや結成2001年なので、今年はベボベも17才ですね。

2 ドラマチック

そういえば僕がベボベを知ったきっかけの曲です。

たしか曲だけ知ってて、アルバムにこれが入ってて「あーこのバンドの曲か」ってわかったんですよね。のちに。

3 抱きしめたい

ベボベの「卒業ソング」「青春ソング」は所々あって、特にインディーズの時期に色濃くあるんですけど、「17才」も含めて春の雰囲気を感じる作品とかアルバムは今後あんまりないですよね。(明言してないのもあるけど)

4 ヘヴンズドアー・ガールズ

最初は「つよがり少女」みたいな感じかなって思ってたんですよね。

でも、よりこの曲は「君」に対して一歩引き気味というように思うんですよ。「屋上で試してる 飛び降り占い」だから、やってることはよりハードになってるんだけど。

5 愛してる

小出さんの歌って直接的に失恋する描写、あるいは失恋している瞬間ってわかりやすいものだとこの歌くらいで、別れかたにいろんなバリエーションがあるんですよ。普通のポップスに比べて心情の吐露とかも全然無いし。

SEVENTEEN ROMANCE

どういう関係性なのかは明示されてないから想像するしかないんだけど、多分他の曲と比べたら場合に、「死別」でも「転校」でもなく、心理的に距離が開いてる状態、シンプルに考えるならフった/フラれたんだと思うんだけど、そういう曲なのかなって思う。

7 FUTATSU NO SEKAI

今生きてる世界はそれとして、それとは別に「秘密のやりとりも/いつものベイエリアも/口癖のごめんねも/必要なくなるのに」って歌詞すごくないですか。「もし2つ世界があれば/普通の2人であれたのかな」ですよ。

8 真夏の条件

歌いかたのニュアンスとか質感による表現ってあると思っていて、例えばamiinAみたいな若い女の子のアイドルにオルタナティブロック歌わた時のような「違和感」の質感って、ボーカルの要因がとても大きいと思うんですよ。

玉井健二さんがベボベに、というか小出さんに与えたものってここがとても大きいんじゃないかって思う。

9 青い春.虚無

多分「カジュアル・ラヴ」とこの辺りで小出さんの中に「カッティングが武器だ」って思ったんですよきっと、カッティングと16ビートと4つ打ちっていうね。

あと実は関根さんのベースラインが好きで、今だと完全にファンク的な横ノリのグルーヴ感になってるけど、この曲あたりはまだ軸足がギターロックのそれにあって、これはこれで好きです。

10 WINK SNIPER

多分この段階ではじめての関根さんメインボーカルですね。関根さんじゃなくて「ウインクスナイパーさんですけど。

ウインクスナイパーさんのこと僕は見たことない(はず)だし、関根さん人妻なので、もう見れないんじゃない買って思ってます。

11 協奏曲

近年のアルバムに1枚は長尺かつナイーブな内面を吐き出すような、すごく落ち着いた歌が入ってるんですけど、この曲はただただ祝福に満ちてる曲で、今改めて聞くとめっちゃ違和感です。小出さんこんなまっすぐ幸せな歌歌えるんだみたいな(失礼)

12 気付いてほしい

この後から年1〜2ペースでレゲエとかダブ取り入れてて、その最初の曲ですね

あと、特にメジャー以後のベボベのアルバムの最後の曲は、『C』における「ラストダンス」のように、大きく方向転換しているorストーリーを思いっきりひっくり返してる曲な訳ですが、今回は「キラキラな青春の中の闇」だと思っていて、実はこれだけ「LOVE&POP」の世界観なんですよね。

 

DVD『映像版『バンドBについて』第1巻』

1 若者のゆくえ

ベボベ4人体制下において、「4人以外の楽器の音は入れない」という制約がありました。その制約の、最初の例外がこの曲になるわけですね。

スーパーカーをカバーするために元々ピアノができる人として関根さんがバンドに入ったので、ある意味最初はこうなる可能性もあったんですよね。

 

シングル『changes』

1 changes

じつは『十七歳』のラインの上にある曲というか、『LOVE&POP』が結果ああいうアルバムになってしまった以上究極に浮いた曲になってしまってる。

2 SUMMER ANTHEM

MVのライブ映像見れば、小出さんが弾いてるギターがいつもよく見るテレキャスターじゃなくレスポールタイプであることにびっくりすると思いますが、僕は小出さんがこれ弾いてるの見たことないです 笑

3 FICTION ONCE MORE

「君のDVD」っていうのは、当時小出さんが割とあちこちで話題に出してたグラビアの石井めぐるさんですね。

ライブに行ったら歌ってて小出さんがハンドマイクで気だるげに歌ってるのが印象的です。

4 ドラマチックとエレサマ

CDJ07/08の演奏です。後にMステに出た時「キャパシティ1万人のステージに15,000人が駆けつけて入場規制に!」って紹介された時の演奏です。時代の移り変わりを感じる。

 

 

 

 

 

シングル『LOVE MATHEMATICS』

1 LOVE MATHEMATICS

これのリリースが09年の1月で、『完全版「バンドBについて」』と同日発売で、ちょうど僕は大阪旅行してた時にUSJの街頭ビジョンでこれのMVがめっちゃ流れてました。

競合があまりなかったのもあってオリコン5位になって、一気に駆け上がった感じがありますね。

2 SCHOOL GIRL FANTASY

これ確か最初配信限定だったんですよね?

あとベボベの曲で初めてドロップD(6弦だけ1音下がる)のチューニングで演奏されてます。僕のイメージだとラウドロックとかインディーロックに多い印象で、日本だと髭がドロップDめっちゃしてた気がする。

3 若者のゆくえ (弦楽グラデュエーションver.)

DVDに入ったところから、さらにストリングスが加わってます。アゲハスプリングスなのかな?(玉井さんが主宰してる作曲/編曲家集団)

ちなみに、仮題が「若者のすべて」だそうです。最後の花火にです。

 

シングル『神々LOOKS YOU』

1 神々LOOKS YOU

映画「鴨川ホルモー」の主題歌だった訳ですが、「うだつの上がらない主人公がどうにかその一歩目を踏み出す、その瞬間」と「少女と鵺」みたいな浮世離れした感、都市伝説感が合わさって、それでなんで爽やかなんだよ!って言う。

2 image club

なぜか2016年の人気投票1位。何故だ。サカナクションは満場一致で「目が開く藍色」なったのに。

一応言うと、当初サードアルバムのタイトルであり、一曲目にこれがなる予定だったらしい。なにそれ聞きたい。

3 BOYS MAY CRY

人気投票上位だし、ベボベの中で1番好きな曲です。資料によって「岡村ちゃんになりたい」「SMAPになりたい」と意見が分かれてて困惑します 笑

「彼氏彼女の関係」のサビにも出てるこのコード進行のカッティングで、ペース落とすと「不思議な夜」になることが、個人的にギター練習していて気がつきました。

 

シングル『BREEEEZE GIRL』

1 BREEEEZE GIRL

北乃きいのCMが素晴らしすぎたせいで勘違いしがちなんだけど、これ最後まで男の子側の心情が歌われてるから、「愛してる」と大差ないんだよね 笑

2 BREEEEZE GIRL Ⅱ

もともとあった曲で、かつ デモ段階でのタイトルは「エレクトリックサマー」だったらしいです

サウンドの(半分事故みたいな)ビリビリ感はインディーズ時期の再現と言われれば納得出来そうですが、あくまでその時のベボベの歌にアップデートされてると思う

3 LOVE MATHEMATICS(渋谷会"TRUE LOVE"REMIX)

小出さんのお友達によるリミックスです。

真夜中のニャーゴでたまに話してた、誕生日に友達に拉致され紙袋被せられ渋谷を駆けずり回されたとか、その人かなって思うんですけど

 

シングル『Stairway Generation』

1 Stairway Generation

銀魂の主題歌であることはやはり意味合いが大きくて、太鼓の達人とかドラムマニアとかそういった音ゲーに軒並みこの曲が収録されたりしたんですよ。

この時期に求められてた、明るくてポップでキラキラな青春バンドってのを最大限に徹底できていたらどうなってたんだろう。

2 USER UNKNOWN

これも人気投票上位だったんですが、この時期のカップリングの曲の出来の良さってほんと異常で(人気投票トップ20にカップリングだけで3〜4曲入ってる)、要因としては間違いなく「出来はいいけどアルバムの仕上がりに合わない」ことだと思うんですよ。

3 恋愛白書

これも僕が見たライブで小出さんが弾き語りしていました。

モチーフは「BOYS BE…」です。

 

アルバム『(WHAT IS THE) LOVE & POP?』

1Stairway Generation「Don't Belong, But Already No Retreat」

そしてベボベ最大の問題作になる訳ですが、ギターロックにXTCとかの要素と合わせた『C』、歌と歌詞と世界観の構築っていう武器が増えた『十七歳』の次の順当な後継作として上記のカップリングの曲みたいなのかきちんと拾えていたら、きっと近年のシティポップの流れなんかずっと先駆けてすごいことになってたと思うんですよね。そうしていたとして、今もベボベが続いていたかはわからないけど。

2 SOSOS「Scream」

勘のいい人はこの辺で多分「おっ…なんだ大丈夫か…?」となったと思うんですよね

このアルバム、実は音楽業界内外からコメントを集めてて(新日本プロレス棚橋弘至から、とから)多分レーベル的にもバンド的にも世間に訴えかけていく勝負の時期だったんだと思うんですけども。

3 changes(Album ver.)「Morning Always Comes (For Better or Worse)」

リテイクがかかってて、ドラムのパターンとか湯浅さんのギターの音色はガラッと変わってるし、細かいところだと例えば落ちサビのあとの声にエフェクトがかかってたり、ボーカルも撮り直したんですけどやっぱりどことなく暗いんですよね。それがかっこいいんだけど。

4 神々LOOKS YOU「Like a Sponge That Absorbs All Fear」

前トラック「changes」に入ってる替え歌が歌詞載ってないので書き起こししてみると

「夕方世代を行き過ぎる僕も/ようやく胸を撫で下ろしました 

暗黒時代に背を翻し/僕は助かったつもりでした」となります。

5 LOVE LETTER FROM HEART BEAT「Punch You Out, Who Said Love Is Subtraction!」

冒頭と終盤関根さんの声に加工をかけたものが載っています。

曲の構成上、普通音を減らして落ちサビを付けて緩急つけたら曲盛り上げにかかるんですけど、この歌は落ちサビのテンションのまま曲がしっとり終わっていく 笑

6 ホワイトワイライト「A Time When 'To Believe' Meant Everything」

この曲だけ、インディーズの時期のさらに前の自主制作してた音源に入ってた曲です。

流石にその時代の音源が手に入んなかったし、他の人にとってもそうだと思うので今回はレビュー対象にしません、ご了承ください

 

7 BREEEEZE GIRL「To the Girl Who Ran Deep Into My Heart」

8 LOVE MATHEMATICS「Too Happy, the Happiness Inside My Head」

心情的にアルバムモードに入りきってる「Stairway Generation」はともかく、この2曲と「changes」「神々」と言ったシングル曲たちは歌詞の面でもサウンド面でも完全にこのアルバムの中で浮きまくってて、曲順とかも苦慮してたのかなあ、とか色々

 

9 SIMAITAI「The End of Me ≒ The End of the World / If Our Paths Cross...」

「4人で鳴らさない音は入れない」という制約をはみ出す曲として、この曲はリードギターの音にエフェクトをかけてオルガンの音色にかなり近い音を出しています。

どこまでがベボベの音としてありなのかという部分で、これはあり、という判断なんですね。

10 海になりたいpart.2「Don't Cry, Cypress Tree Girl, Don't Cry」

このアルバムが出た直後のツアーも、別のツアーでも、湯浅さんが脱退したあとの弓木英梨乃さんとのライブでも、ものすごい熱量で4人全員が音をかき鳴らす姿がすごい印象的です。

11 レモンスカッシュ感覚「And What Was Left Was Just the Haze of That Day」

歌詞の世界観だけではなく、実は録音体制も『夕方ジェネレーション』の時と全く同じである、という部分がこの曲の大きな特徴だと思う。

この曲、バンド史的に実はすごい大事だと思うんですよね。「青春の学生時代を歌うのがしんどくなってきた」ということを自覚してしまった時期の曲。だから、これ以降に、バンドの軸が何かってのを模索していく、その取り組みが3.5thアルバムなんじゃないかなと。

12 ラブ&ポップ「The Walls」

サブタイトル繋がりでNICO Touches the Wallsの話をさせて欲しいんですけど、彼らってどんなに自分が情けなくてもまず歌い切るし、その様がすごく前向きで力強いんですよね。人柄とか制作体制もそうだし、ベボベにはない「ブルース」がバックボーンにあるのも大きいと思うんだけど。

ベボベの話に戻ると、少なくとも当時の小出さんは、そうやって自分の迷いや苦しみを歌にして歌うことは出来て、それを聞いてみんなが共感したりしていたとしても、そこにポジティブな感情って本人もリスナーもし得なかったと思うんです。傷を舐めあって心理的に落ち着くけど、消毒液とか絆創膏にはなってないというか。なんだこの例え。

12.5 明日は明日の雨が降る「Love All, Hate All」

このアルバムほんとうに歪で、あんなに冷静で客観視できる小出さんが、泥沼の中でもがき苦しみまくってる、「つよがり少女」「君のスピード感」「ヘブンズドアー・ガールズ」での「君」の描写がまるっと僕にひっくり返って来ていて、聴くのもちょっと辛いレベルに感じる人も、すごく多いと思う。

そして間違いなくこの曲が、ベボベというバンド最大のターニングポイント。

 

 

アルバム『CYPRESS GIRLS』

1 十字架You and I「My Cross To Bear, Your Cross To Bear, Their Cross To Bear」

MJになりたかったとしか思えない歌い方と、そのせいでいつのまにか「ダンス湯浅将平」曲になってた。

MVがアニメーションなんですけど、制作は現在「ポプテピピック」で話題の神風動画。だからか。

2 BAND GIRL'S SPIRAL DAYS「Spinning Staircase, Soda Sadness」

久々な「SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT」感の曲。フェードアウトで終わるこの曲、完全にコピペで作られている一方、「波立ってる」→「涙ってる」と評価が変わってるのが細かいポイントです。聞いてる限りは変わらないんですけどね。

あと「世界の終わりには 紅茶飲めないから」。そういえば湯浅さんはミッシェルガンエレファントが大好きです。

3 Shine On You Cypress Girl「You Deserve To Sparkle」

すっごく細かい話をすると、堀之内さん初のコーラス収録だそうです 笑

サイプレス=糸杉、花言葉は「死」、タイトルはピンクフロイドが元ネタだったりサウンド面でXTCを意識した部分を公言していたり、その面で「BRACK SEA」とかあの辺りの延長線上なんですね。

4 beautiful wall (DUB)「Door With No Handle」

先日クラブミュージックに関するブログを書いたんですけど、あの後もいろいろ聞いていたんですが今のクラブシーンでダブステップ流行ってるんですよね。

ブチ上がるためにトラップを取り入れてる昨今、内省的に心情を掘り下げるためにダブステップ持ち込んでるのがすごく対照的です。

5 kamiawanai「僕の声」

「翼広げて さあ羽ばたくというのなら/僕はこの足で階段を駆けるよ」ってのは、3作目の意匠返しであり、同時に「バンドを見つめ直す」「ソングライターとしての自分を見つめ直す」という部分も含んでたはずで、現にこの二枚組はタイアップのないセルフプロデュースなんですね。

6 kimino-me(+ ICHIRO YAMAGUCHI from SAKANACTION)「Cloud Only Love My Self Through Your Eyes」

サカナクション山口一郎さんとのコラボ。

ベボベはこの時期前後にサウンドにクラブっぽさとかダンスミュージックの要素を取り入れ出してるんですけど、一方サカナも「Aoi」なんかで山口さんがテレキャスター(小出さんがずっと使ってるギター)使い出したりしています。

檸檬タージュ「Precious Now Those Days, All A Blur

歌詞の大元は小出祐介詩集の書き下ろし作品で、また手が加わってるそうなんですが、その本僕は買いそびれたのでわからないです 笑

そして「十字架You and I」と同時にこの曲が、小出さんの歌うベボベにとって「檸檬」というアイコンが出てくる最後の曲、となるはずでしたが7年の時を経て『光源』収録の「SHINE」で復活を果たします。この意味合いはとても重くて大きいと思ったので、次回きっちり書きます。

8 Project Blue「胸いっぱいの、青を」

 『CG』は自分の内面のことを掘り下げてる歌が多くて、次にレビューする『DB』は「君への思い」の曲なんです(ゆえにkimino-meは本来『CG』の曲)

前回から書いてる「小出さんのボーイミーツガールには続きがある」という話で、僕の君への想いと裏腹に君の想いは僕とは別のところにあるっていう話。僕は何をやっても「あの子はずっと死にたがってる」「あの子は僕じゃなく違う方向を向いてる」みたいな。

最後の逆再生は「凛としたブルー 鮮やかに海海に/凛としたブルー 鮮やかに僕を染めてくれ」と歌ってます。

 

アルバム『DETECTIVE BOYS』

1 クチビル・ディテクティヴ(+ acco + 呂布)「KISS→LIP→MOUTH→HEART」

色々楽しいところ満載だし、MVも楽しいし、例えば弾き語り風味とかじゃなくちゃんとアコギが効いたサウンドもこの曲が最初なんだけど、いっちばん最後のあっこさんの照れ笑いだけで、もう、最高ですよね。

2 Transfer Girl「August, Midnight, Moonlit, Poolside, RENDEZVOUS (What if you come...? What if you don't come...?)」

僕の記憶が確かなら、以前の人気投票の結果発表のニコ生において小出さんがトップ3予想してたのはこの曲だったかと思う。

心理的な別れでもなく、「死別」ではなく、「転校」という物理的に距離が離れて行くパターンですね。

3 BOYFRIEN℃「Killer Encounter」

なんにせよ湯浅さんのシャウト!これに尽きる、というかこの曲出たあたりで湯浅さんの前にマイクが置かれるようになったんですよ。昔の映像見たらマイクないですもん 笑

4 LOVESICK「All I Wanna Do Is See You」

関根さんメインボーカルであり、恒例のダブっぽいコーナーです。

関根さんのボーカルにモジュレーションみたいなゆらゆらする加工がかかってるのが特に印象的です。

5 WHITE ROOM「ふたり」

17年のツアーで小出さんが弾き語りしたんですけど、そこで歌われた曲です。

勝手なイメージは、エヴァ使徒と戦ったあとシンジくんが病室みたいなとこで目がさめるじゃないですか、あのイメージ。

6 星がほしい「Light Your Darkness-Must Be Strong-Make A World You Can Disappear To-Must Be Strong 」

本当は「CG」側の曲。君が好きじゃなくて、自分の心境の歌ですね。

聞き返してみて、この曲で歌ってることが実は「魔王」の真逆だなって思った。

「誰かを照らせるくらいの星が欲しい」と願わなくなった今、小出さんはバンドで、楽曲提供で、本当に明るい曲を作って、みんなが曲を聴いて感動してる。

「君のことを照らしたい」と願わなくなった小出さんに、みんなが光を感じてる。

7 歌ってるんだBaby. [1+1=new1 ver.]「What Is Fun? What Is Right?」

もともとスーパーカーのナカコーさんがill名義で2010年にリリースした『∀』で共作した「歌ってるんだBaby」があって、そっちではナカコーさんが歌って小出さんがラップしてるんですが、いつの間にか逆転していて、それを僕は後追いで知りました。

8 東京「胸いっぱいの、愛を」

「東京生まれ」という曲が2006年ごろにできて、それはラジオCMに使われた曲だったんですが収録されず、そのままお蔵入りになってこの曲のこういう形で収録されて、「東京生まれは後に「不思議な夜」のボーナスディスクに収録されています。

 

 

 

 

<小括>

 

十七歳〜LOVE&POP当時にベボベを知ったって人はめちゃくちゃ多いと思うんですよ。

ファンになった人もいれば、存在知ってるだけで好きではない、みたいなのも含めて、ある意味今のベボベのファン層の土台になってる部分は多分に存在していると思います。

 

やっぱり「LOVE&POP」の存在って高くて、本当に当初の予定通り

・1曲目の「image club」から始まる

・アルバムの中心は「BOYS MAY CRY」「USER UNKNOWN」「恋愛白書」

・製作時期的に「LOVE MATHEMATICS」「SIMAITAI」あたりは入る

・まるっきりカットはしないけど、暗い闇の側面は全面的に抑える

・そのかわり最後シークレットトラックでキラキラポップな世界観を思いっきりひっくり返して、無情。

 

みたいなアルバムだったら最高だったんじゃないかなあって思って、プレイリスト編集したりしてました。

 

 

 

 

次回のメインになる話を2つ。

3.5thアルバムの時期以後、「十字架You and I」なんかわかりやすいと思うんですけどドラムとベースの技量がものすごく上がっていって、最終的に『二十九歳』『C2』あたりになって、もうバンドのグルーヴ感とかバンドとしての構造思いっきり変わってるなってことにみんなが気がついたんですけど、下地はこの時期なんですよね。

で、はっきりいえば湯浅さんの脱退の根底はここなんじゃないかって思ってるのがまず一個。

 

 

2個目は、3.5thアルバムはひっさびさに使われた「過去のベボベの武器」が色々出たんですよ。関根さんメインボーカルとか、ギター持った女子高生とか。

その1番大きい面として、めっちゃヘビロテされた、ベボベといえばこれって未だに思う人も多い「檸檬」が、この後7年間ベボベの曲には出てこなくなったんですよね。そして7年ぶりの檸檬曲は「SHINE」という曲です。

 

 

 

 

 

次回そのあたりがメインになります。よろしくお願いします。

 

 

 

 

Base Ball Bear全曲レビュー part1

なぜ今これをやるのか。「メンバー脱退」ということが現実に起きてしまった2016年、それを踏まえて「光源」というすごいアルバムを完成させた2017年ではなく、なぜ今、2018年にこれをやるのか。

 

 

それは、ついにというべきかようやくというべきか、LIVE IN LIVEという形でのツアーとして3人体制でのライブツアー開催、そして春フェスの3人体制での出演を告知されたからです。

 

僕たちは3人になったベボベ、というものに相対することになります。その前に、例えばライブの際にリズムギターリードギターのニパートを前提としたような、「バンドにリードギターがいる」「4人組であるベボベ」を総括できるかなって思ったのです。

 

 以前、個人的な視点からベボベを語った回があって、そのあたりも参考にしていただきつつ、改めて資料等参照しながら書いていきます。

 

colorfulwhite2.hatenablog.com

 

ただ、150曲強とボリュームが多いので、3回に分けてお送りします。今回は「SAYONARA-NOSTALGIA」から「SHE IS BACK」まで。

 

 

colorfulwhite2.hatenablog.com

colorfulwhite2.hatenablog.com

 

 

 

 

『夕方ジェネレーション』

1 SAYONARA-NOSTALGIA

最初期の代表曲というか、ダンス湯浅将平も込みでライブの中心であった曲だと思うんだけど、改めてカッティングしながらラップっぽい歌詞を歌う小出さんは頭おかしいと未だにそう思うし当時からそうだったんですね。「THE CUT」をカッティングしながらラップしてたりとか。

2 つよがり少女

ボーイ ミーツ「くっそ捻くれたガール」と言えばいいのかな。

でも「君」と「俺」という組み合わせの歌って邦ロックの枠組みの中でも珍しいですよね。この曲に限った話じゃないんですが、特に近年の小出さんってめったに自分のことを「俺」と歌わないんですよね。全153曲中「俺」が26曲で「僕」が81曲です。どうでもいいわ。

3 メタモルフォーゼ真っ最中 

このアルバムって、18〜19の頃に作ってるはずで、いろんな意味で青春時代と地続きなんだと思うんだけど「次に会った君は君/でもあの日と温度の違う君」って言い回しなんか見ると、ある程度大人になった今にも通じる部分だと思う。

4 微熱ボーイ

よく出てくる概念としての「DEATHとLOVE」が始めて出てきた曲になるのかな?

あと後々の「The CUT」や「HUMAN」みたいな、あえて客観的に心情を描写しまくることでむしろ人物像を立体的に見せる手法はこの時点できてると言ってもいいかなと。

5 SUNSET-KI・RE・I

 2番以降の4つ打ちが入って以降なんか特に、うわー今っぽい!って思いました。今のギターロックっぽい。もちろん相応の荒っぽさが目立つけど、サビの組み合わせっぽい曲の構成とかキメの作り方が、時代超えてるなーと。

6 夕方ジェネレーション

昼とも夜ともどっちとも言えない、どっちつかずな状況をずっと歌ってきたバンドなんだなあと思います。個人的には「照明を3段階目にして/即席夕方作れたりもする」って言い回しが好きです

あと個人的にすごい思い出があって、地元にベボベが来て見に行って、ツアーのファイナルでも滅多にないダブルアンコールをしてくれたんですけどその時にこれ歌ってくれました。

 

7 BOY MEETS GIRL

「完全版『バンドBについて』」で再販かかった時に聴いたのですが、ここまでシャウトする小出さんあんまり聞いたことなかったので衝撃でした。

小出さんはこの曲について「解散ライブの最後の曲が出来た」って思ったらしい。

 

 

コンピレーションアルバム『HI-STYLE vol.7』

1 少女と鵺

 全然世界観がわかんねえ、ってか鵺ってなんだよみたいなところから始まるんですけど。日本に伝わる伝説上の妖怪で、体の部位がいろんな動物で出来てるっている、ウルトラマンタロウタイラント的な感じって言えば伝わりますか。

なんかこう、妖怪の類でも何でもいいから私をここからどこかへ連れ去ってくれ、という心情はわかる気がします。

 

シングル『YUME is VISION』

1 YUME is VISION

ド頭ベースソロ始まりの曲ってこれと「檸檬タージュ」しかないんですよね。

あと、その最初のベースライン「抱きしめたい」のそれっぽいんですけどこっちは音階上がり続けるというという。

2 君のスピード感

僕この曲すごい好きです。これも「ボーイ ミーツ くっそ捻くれたガール」ものですよね。

どうしても「SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT」のジャケットの女の子の図を想像しちゃうのは音楽性のせいですかね?

3 東京ピラミッド

新呼吸』あたりから小出さんが片目を隠したりピラミッドに目が書かれたフリーメイソン的モチーフが多くなってて、正直僕も意味がよくわかってないんですけど。

今思うのは、「人混みかき分けて会う」ことの大変さって今こんだけスマホ浸透してたらもうないんだろうなあって。意外なところで、今だとなかなか書けなさそうな歌詞とも言えそう。

4 ドッペルゲンガー・グラデュエーション

 演奏、ボーカルがどんどんテンションが高まって行くんですけど、ラストサビの方になってくると小出さんのシャウトが、もう完全に向井秀徳さんで…語尾の言い切り方とか特に…

歌ってる中身は、「生まれ変わる」とか「卒業」とか、この時期の小出さんの抱えてた"あの頃"を振り払おうと必死になってたんだなあこの頃からって解釈してます。

 

ロックバンド、Baconとのスプリットシングル『B Beginning!!』

2April Mirage

僕はこの時期の曲を『完全版「バンドBについて」』で知ったので、スプリット盤にこの曲も入ってたなんて知りませんでした。内容については後述します。

4 TRAGIC HEROINE

1番Aメロとサビがあって、2番があって、そのあと「それは小悪魔的な/笑顔を見せつけたら〜」って大サビがある曲の構成が、今思えばなかなかアツいですね。

 

 

アルバム『HIGH COLOR TIMES』
1 極彩色イマジネイション

カッティングと不思議なコード感の一方、極彩色って文字通り「色鮮やかで華やか」な曲で、歌詞の世界観でもサウンド面でも、実は地味に「ベボベらしさ」が色濃いと思う。

2 April Mirage

時系列的にいえば「リンダ リンダ リンダ」の収録曲だった事を考えるとずっと前になるわけですが、逸話があってこの曲の作詞のために大量のCDを借りて歌詞の分析をしたそうです。

だからある意味ベボベの歴史において「この曲以前」「この曲以後」と分かれる、のかも。

3 空飛願望

「そらとびがんぼう」って読むんだって。

個人的に、最近までサポート入ってた弓木英梨乃さんにこれ弾いてもらいたいです。もうワウペダルとかガッシャガシャにやっていただいて 笑

4 向日葵の12月

ベボベって夏のイメージがとっても強いですよね。夏に対して「冬」という概念が曲の中に出て来るのってすごく少ないってのは、北海道で過ごしてきたサカナクションと比較するとはっきりしますね。

制作期間が冬だったこともあるんですけど、次の曲も含めて「冬っぽさ」が出てるベボベって結構レアだと思う。

5 白雪の彼女

「スキー場みたいな匂い」って概念どれだけ伝わるんでしょう、雪国在住な僕としては気になります。でもサカナクションそんな歌詞書いてた記憶ないな。

6 海になりたい

後にpart2を作ることはどれだけ見越してたんでしょうか。

「バンドを組んだ女子高生」という「SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT」感はここにも。いやどっちかといえば「リンダ リンダ リンダ」を意識してかな?

7 aimai memories

「高校卒業した後に、高校生の時のメンタリティを歌ってる」ってところがこのころの構造で、「リアリティ」がありつつ「ノスタルジア」に浸りたいがための曲なんですよね。今思えばすごい矛盾を抱えてた事してたんだなと思う、そしてそれはいつか軌道修正しなきゃだわ。

8 サテライト・タウンにて

ベボベのことをちょっと深く知ってる人なら「封印された曲」であることはご存知かと思います。調べたら09年のツアーの一部公演でやった記録が出てますね。

高声が出ないってことと、あと詳しい話は今後もしますけどやっぱり「当時のリアリティ」の中で出来た曲だから、ってのはあると思う。

でも僕は、この曲をライブで見るまでは死ねないな。

9 君色の街

全体的に曲の構造とかリズムの取り方が複雑というかすごく演奏難しそうだけど、小出さんが弾いてるリズムギターの、コーラスがかった音色でカッティングしてるのがめっちゃ好きです。

10 翳ない2人

「夕方ジェネレーション」とはっきりは言ってないけど、地続きというか、これも夕方な曲ですよね。

この曲も最後に「躍動!!!!!!」ってところから大サビが入ってたり、実はAメロBメロみたいなのが各一回しかなかったり、こういうエッジの効いた曲構成いいですよね。

11 彼氏彼女の関係

こういう曲調のベボベ大好き 笑

コード進行は「BOYS MAY CRY」「不思議な夜」あたりと同じもので、ベボベの武器であると言えるし、同時にそうやって聴き比べると同じ心情で「学生の時のリアリティ」と「社会人の時のリアリティ」の違いがわかりやすく浮かぶのではないかと思います。

12 HIGH COLOR TIMES

 僕の中では「日比谷ノンフィクション」で歌ってるイメージがすごく強い曲です。輪に馴染めない自分、というものって大人になっても何年たってもずっとずっと引きずってしまうものなんだと思います。

 

アルバム『バンドBについて』

1 CRAZY FOR YOUの季節

今あるパブリックイメージとしての「ベボベらしさ」がこれで定まったんだと思うんですよ。男女ツインボーカルとか、歌詞における「檸檬」みたいなやつとか。これプラスエレサマやドラマチックみたいな夏感ですね。

それは、「ナンバーガール」になかったものでもあるというか。

2 ラビリンスへのタイミング

僕はこの曲の存在しばらく知らなかったんですけど(2回目)

 4つ打ちで早めのテンポ感で、16ビート×カッティングみたいなところとか、後のバンドシーンを数年先駆けて演奏していた、とも言えるんですけどこの曲の反応とかリアルタイムだとどうだったんですかね。

 

ミニアルバム『GIRL FRIEND』

1 GIRL FRIEND

今の邦ロックの価値観、今の感覚からすると、こういうテンポでこういうコード感の曲をメジャーデビューに持ってくるのは全然正気じゃない気がするんですよね 笑

「まんまナンバーガール」みたいな印象をどうしても持ってしまったちょっと前、そしてこの曲という流れを見ると、要素として大きいのは例えばXTC(ライブSE)とかレピッシュ(当時のプロデュースをしていたtatsuさん所属)ということなんですけど。
2 BLACK SEA

完成自体は「GIRL FRIEND」よりも先で、なんなら表題曲の候補であった曲、こっちの方がより「ギターロックっぽくなさ」「別物さ」が深く出ています。タイトルXTCだし。
3 CITY DANCE

近年のシティポップの流れとはあんまり関係ないはずなんですけど、当時のベボベの方法論としてこういう曲、こういう都市の描写の仕方をしていった結果である、とは言えるんですね。

これは後のアルバムでもそうなんですが、「都市の中に人物を落とし込んで物語を描写する」のと「都市にいる人をそのまま描写する」のを使い分けてる節があって、今回は前者なんですけど。
4 4D界隈

この曲大好きです。 今の感覚だとこっちが表題曲なんじゃないかという 笑

「気持ち良くて気持ち悪い」「気持ち悪くて気持ちいい」状態はしばらく続きます。

 シングル『ELECTRIC SUMMER』

1 ELECTRIC SUMMER

MVに出てる六芒星の建物が「シン・ゴジラ」のラストにも出てきて笑いました。

逸話としては、関根さんのパートと小出さんのパートが当初逆だった、という話がありましたね。

2 Good bye

聞き返したら冒頭めっちゃLRが極端に振られていて、途中戻るという不思議な曲です。

湯浅さんが脱退するまで「ギター×2、ベース、ドラムでの演奏にこだわる」というのがバンド内ルールだったわけですが、それのはみ出し方としてエフェクトや録音の方法を工夫する、といつ作戦があって、例えばこの曲のキックの音は全然反響しない電子音みたいな音になってますよと。

3 SAYONARA-NOSTALGIA(LAST SUMMER Version)

既発版に比べると、こっちもより「響かない」というか、打ち込みっぽい曲の質感になっています。

だからこらのバージョンを比べると、バンドの構成要素としての「ナンバーガール」の比率がどう変わっていったのかがはっきりわかるかな。

 

シングル『STAND BY ME』

1 STAND BY ME

この曲すごい好きだったんですけど、改めて聞き返すと、ドラム手数多いし複雑でめんどくさい曲だったんだって思いました。

あと最初誤植かなって思ったんですけど歌詞には「STAND BY ME・I・DO」って表記されてるんですよね。テーマ的にはまんま「冥土」で「C=死」というモチーフなんですよね。この歌。

2 天空 Lonely Hearts

本来『C』の1曲目になる予定だった曲。

Aメロ→サビの →間奏の繰り返しで他の要素が無い、でも一個一個の繰り返しでドラムのパターンが微妙に変わったり間奏のリフが変わってたり、これもすごい複雑な構成ではありますね。

 

アルバム『C』

1 CRAZY FOR YOUの季節(Album Version)

「バンドBについて」のバージョンより洗練されたアレンジになってると思うし、今はこっちを弾いてるわけですが、たまに2番Aメロ前のリフがどんどん長くなったりしてますね。

2 GIRL FRIEND

この流れで聴くと、『C』の世界観は基本客観的というか俯瞰で見てるものでして。

『思い出が囁いてるだけで/新世界なんてないから』『絡まる赤い糸を前に/息を飲む人がいる』なんて。

3 祭りのあと

今聞き返したらめっちゃくちゃ曲のテンポ遅すぎてびっくりしました。この曲のテンポが大体BPM137くらい、ライブだとたぶんBPM170くらいで演奏してるはずなので、だいぶ違う印象です。

4 ELECTRIC SUMMER

エレサマも間違いなくベボベの代表的の1つと言えるんですけど、なんとなくその役割も「BREEEEZE GIRL」とか「PERFECT BLUE」に変わってきてるのかな。最近聞かない気がする。

5 スイミングガール

「aimai memories」「君色の街」に近い複雑な構成の曲ではあるんですけど、こっちは近年のギターロックの雰囲気があるというか、節々のキメの感じが9mmっぽい気がします(?)

6 YOU'RE MY SUNSHINEのすべて

これも、例えばインディーズ期のこれまであった曲とかとまた違う不思議な響きの曲だなあって思って聞いてるんですが、「BRACK SEA」あたりでは入ってなかった関根さんのコーラスがこの曲だとすごく効果的に聞こえるんですよね。

7 GIRL OF ARMS

じつは弾き語りバージョンが存在するんですけど、僕は聞いたことがないです。順番的には弾き語りバージョンがあってこのアレンジ版があるみたいなんですけど、正直「WHITE ROOM」とかと比較しても弾き語りのイメージがしにくいです 笑

ちなみに「ギター」が歌詞によく出てきますが、「ベース」が出てくるのは長い歴史的この曲だけです。

8 DEATH と LOVE

よく出てくる概念としての「DEATH と LOVE」。

改めてまた後で出てくるんですけど、このころは「YUME IS VISION」とかもそうだけどベボベの歌の中で誰かと別れる手段として「死別」という方法が取られているパターンが多いのかな。まだ複数パターンあるんでお楽しみに(なにがだ)

9 STAND BY ME

そういえばベボベの曲で二人称が「君」じゃなく「あなた」な印象あんまりないですよね。「あなた」と呼ぶのが12曲、そのうちここまでの曲からは5曲もあります。ちなみに「君」は96曲でした。意味はない。

10 ラストダンス

アルバムの話として、SHEとかCityとか死とか、そういう概念で形作られたストーリーはここで完全に終わってるんですよね。

個人的にベボベを聴いてて思うこと、それは小出さんの言う「ボーイミーツガール」には続きがあるんだなってこと。「ボーイはガールと出会うことで変わる、でもガールはボーイのことアウトオブ眼中」みたいな。

11 SHE IS BACK

でも、上のストーリーを終わらせない、それもこんな曲調で、というのが面白いっちゃ面白いし、多分ベボベというバンドのバランス感覚なんです。表面上のストーリーを徹底させた後、そうじゃない部分もきちんと処理して作品としての「オチ」をつける、という。

 

 

〈小括〉

多分どこまでいってもBase Ball Bearというバンドは「言葉」「文脈」「コンセプト」のバンドなんだなって思う。

コンセプトをどう作品に落とし込むかという部分がバンドを動かして行く上での大事なポイントになってるんだと思います。

そして、どうしても「青春」性は切っても切り離せないものなんだけど、この時期はまだいうて20〜22くらいなわけだから、まだ延長線上で戦えたんですよねきっと。

 

一方で、特にインディーズ時期の作品は、もう本当に「あぁナンバーガールだ…」となってしまうケースがすごく多かったですね。特に小出さんの歌い方だったり、4人(とくにギター)それぞれの音色だったり…まあ、ナンバーガールを手がけていたスタッフが集っていたってのもあるんですけど。

でも、この4人で学校祭でやった初ライブはスーパーカーコピーバンドだし、その前から小出さんはトライセラとかグレイプバイン演奏していて、もっと遡れば小出さんがギター弾くきっかけはハードロックだったり中学時代バンドでOASISやってたりとか、いろんな要素が含まれてるんだけど、やっぱり要素止まりというか。

「あぁナンバーガールだぁ」とはなっても、「あぁスーパーカーだ」とはならない(個人の感想)とか、今聞いてまんまナンバーガールだとはならないあたりの話とか、どのようにベボベらしさってやつが育まれていったのか、ってのは追いかけていけたらなとは思います。

 

 

 [今回のまとめ]

 ・ボーイ ミーツ「くっそ捻くれたガール」という概念

・そしてベボベの「ボーイミーツガール」には続きがある。

・“あの娘”との別れ、にはいくつかパターンがある。

 

[今後の予定]

・いつから「ナンバーガール」み以外の部分が多くなっていくのか、どのように変容するか

・このころに歌っている「青春」と、今のベボベが歌う「青春」は明らかに質感が違う。どう変わったのか?

・バンドの構造がどう変わったのか=湯浅将平はなぜ脱退したのか?