自力で元気になるブログ

ハマでは新機軸のジュリアン

Base Ball Bear FC限定オンラインライブ見たよ

 08月のライブを今アーカイブで見ました。

 

 Base Ball Bear FC限定ライブ「LIVE IN LIVE 〜IN YOUR HOME,MY HOME GROUND〜」でございます

 ヘイ!!!長いタイトルヘイ!!!!!!

 

 

 

 地味に長く続いてる、アルバムリリースツアーとかそういうことではなく特定のコンセプトの元行われるライブシリーズ「LIVE IN LIVE」です。

 6~7月あたりで全員別撮りのライブ映像(巷ではこれをリリスク方式と呼ぶとか呼ばないとか)で「LIVE IN LIVE~IN YOUR HOME」という企画が続いてました。ただ、ちゃんと1〜2時間続きもののライブでこの企画見たのはたぶん初めてです。

 こういうコンセプトライブってそこまでしっかり全国回らなかったりするのでむしろコロナ堝がありがたいレベル。

 

 

 以前見たサカナクションのオンラインライブが、もう完全にオンライン向けのプロダクトになっていたのに対して、こっちは完全にライブハウスを舞台にいつも通りのライブをやった感じで、それをそのまま客側が見る、というものでした。

 選曲も、先述の別撮りライブでもやったものと、それ以外に『C3』収録の曲、そして「不思議な夜」や「senkou_hanabi」。

 

「不思議な夜」はまだ去年のツアーで聞いたしまだ良いレベルで、「senkou_hanabi」は、もうね、何年ぶりですか?みたいな気持ちです。

 

 なぜこの話かっていうと、Base Ball Bearの楽曲は「湯浅存在期」と「スリーピース期」の2パターンありまして、特に小出さんはその前者と後者では仕事量が全然違うわけです。

ギターで言えば

・カッティングをするのか

・コードを弾くのか

・単音弾きするのか

 そして小出さんも歌いながらなのか歌わずなのか、ラップするのかの3パターンくらいありまして。

 

 そして、湯浅さんが脱退してしばらく経ったあと、「スリーピースバンド」としてやってく覚悟を決めた以後の曲は普通にやるとしたら、そうじゃない曲はちゃんとアレンジをしてからじゃないとライブ披露できなかったんですね。

 

 それで言えば、「changes」や「ドラマチック」などスリーピース期序盤からやってる曲も有れば、「どうしよう」「senkou_hanabi」のようについ最近やっとこさアンロックされた曲もありますが、ベボベの歴史を感じながら新しさを感じ続けることができて非常においしい状態になってます。

 

 ただまあ、ファンクラブ限定っていうのはどうなんでしょうね。

 いろんな人に見てもらいたい、という願望もあります。ただ一番は、ほんと手続めんどくさかった。おしまい。