読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自力で元気になるブログ

ハマでは新機軸のジュリアン

個人的アイドル楽曲大賞&月間ベスト 3月号

colorfulwhite2.hatenablog.com colorfulwhite2.hatenablog.com

去年は四半期ごとに「こんなの聴いてたよ!」って記事を書いてて、でそれだと抜けが多すぎたなって反省が去年あったので同様の記事を毎月書いております。

アイドル楽曲大賞(1~3月暫定版)

とはいえ前回うっかり本番想定してランク付けまでしてしまってですね。すっごいつらいっす。

先月分もそうだったんですけど、よっぽど推してるアイドル以外はリリースから結構立って聞き出すこともざらですし、特に今月はTHE ORAL CIGARETTESばっか聞いてたこともあって(前回参照)あんまりアイドル聞いてないっすわ。すいません。

メジャー部門

1位 でんぱ組.inc「WWDBEST」


でんぱ組.inc「WWDBEST」2017.1.20@日本武道館

MVは何回も張ったしライブ映像にしてみた。みておもうのは、もがちゃん声でるようになったなあと。

2位 Perfume 「TOKYO GIRL」


[MV] Perfume 「TOKYO GIRL」

「FRASH」はそうでもなかったけど「STAR TRAIN」がすごい好きだったし、そんな曲&東京の夜景見せられたら自動的に泣いてしまうマンなので(例:cero「街の報せ」サカナクションユリイカ」など)最高にしかならないです。こっちとしては「チョコレイト・ディスコ」と「だいじょばない」あれば勝手にぶち上れるのでこういう曲増やしてくれてうれしいです。

3位 PASSPO☆「PlayGround」


PlayGround ダンスショット

でんぱ組は去年の曲だし、Perfumeアイドル楽曲大賞で崇めるもんじゃないよねって偏見があるので、もしかしたらこれ実質一位かもです。

4位「faithlessness」Maison book girl


Maison book girl / faithlessness / MV

アルバムが楽しみでしゃあない。洗脳されてきた。出たら詳しく書きますわ。

5位 篠崎愛「PepperMint」 www.youtube.com

篠崎さんのEPが、既発曲含めてすごい出来がよくってですね。たぶんパブリックイメージ的にも「口の悪い女」とか「悪い猫」の方が似合ってるって評価になると思うんですけど、後に出る脇田さんの曲も含めてこういうのが好きなんですよ。イコライザいじって低音ブーストするとすごいいい。 あとほんとはこのEPに入れててほしかった「快楽主義」のリンクも張っておきますね

<ランク外だけど気になる曲集>

バンドじゃないもん!「君はヒーロー!」


バンドじゃないもん!/君はヒーロー[MUSIC VIDEO]

この記事用に聴きだしたやつ。バンもんのアルバムが豪華楽曲提供陣そろっててMUSICAで鹿野さんがレビュー書いてること自体にビビったりしたんですけども。 ぶっちゃけあんまり触れてこなかったところで、彼女たち特有の風味がまだ消化しきってないんですが(アルバム単位だとちょっと・・・ってものが結構ある。「YATTA!」はかなり偽善的すぎてやだな、とか)これは一発で気に入りました。あとからクレジット見たらHISASHIさんだって。まじすか。

東京女子流predawn


東京女子流 / predawn

あんまり女子流から距離置きがちだったんで、フォロワーさんからリツイート回ってきたんだっけな。 さいきん「おんなじキモチ」とか解禁してるらしいんでみたいですね

ひめキュンフルーツ缶「ココロツナガル」


ひめキュンフルーツ缶/ココロツナガル (NHK Eテレ「ピカイア!!」OP)

JAPAN JAM出るらしいですね。何するんだろう、去年見た感じすっごいシンセだったんですけどもともとオルタナ感だと認識してたので、アルカラとはどうなるんだろう。ちゃんとライブやるんだよね・・・? あとRO社のフェスはアイドル枠が1314年頃のロッキン出演枠以降は新規参入が清竜人25とあゆみくりかまきくわいしかいなかったんだけど、去年の欅坂とかひめキュンとかまた枠増えそうです。

インディー部門

正直新たに聴いたものはないので過去記事参照

1位脇田もなり「Boy Friend」


脇田もなり - Boy Friend (Official Music Video)

2位Faint⋆Star「真冬のTropical Night」


Faint⋆Star - 真冬のTropical Night

3位WHY@DOLL「キミはSteady」


WHY@DOLL「キミはSteady」MV

4位リリカルネッサンス「The Cut」


リリカルネッサンス「The Cut」(MV)

5位Negicco「愛、かましたいの」


Negicco「愛、かましたいの」MV 作詞・作曲 堂島孝平 編曲 石崎光(cafelon) (2016/12/20 release)

アルバム部門

PASSPO☆「Cinema Trip」

Especia「Wizard」

山口活性学園「Note 3」

あとはさっき言ったようにバンもんとかですかね。

Especiaは最後のあの体制バージョンでリメイクしてるやつなんですけど、あれ普通に大賞候補に入ってるんでしょうか。入ってなかったらつらい。あとなんかのライブ映像でやってた「Mistake」がすんごいよかったんだけどなんで入ってないし。

月間ベスト3月号

基本聴いた順なのでリリース時期はバラバラです。

UNOFFICIAL 初回盤(CD+DVD)

UNOFFICIAL 初回盤(CD+DVD)

TROPICAL LOVE(初回生産限定盤)(DVD付)

TROPICAL LOVE(初回生産限定盤)(DVD付)

ヒットチャートをねらえ! 通常盤

ヒットチャートをねらえ! 通常盤

NEW (初回限定盤)

NEW (初回限定盤)

thickness(初回限定盤)(DVD付)

thickness(初回限定盤)(DVD付)

Soul Renaissance(初回生産限定盤)(DVD付)

Soul Renaissance(初回生産限定盤)(DVD付)

not not me

not not me

屋根裏獣 【初回限定盤】

屋根裏獣 【初回限定盤】

アイドル聞かずにずっとこの辺聴いてました。あとなぜかGOING UNDER GROUNDブームが来てずっと聴いてました。

THE BAWDIESはすっごい久々に聴いてたんですけど、健在だなって思いました。僕が効いてないだけで超失礼なんだけど、4,5年前の段階考えるとほんとは[Alexandros]とかマンウィズとかきゃりーちゃんあたりとフェスの目玉になってるくらいのバンドになってないといかんですよね。ソウルミュージックって物理的にも精神的にも一定以上のBPMにはできないからしゃあないんですけど。

カリスマはすごい内省的だなって思いました。アラサー女子的な自虐じゃなくてちゃんと向き合ってる感じがして好きです。 吉澤嘉代子さんは、基本音源しか聞いてないこともあって去年の段階では狂気を隠しきれてない人って印象でしたが、なんかこう、ガチモンの強靭なんじゃないかと思ってしまいました。

あとはゴスペラーズ中田裕二が入る感じかな。

こんな感じでーす。

予備知識ゼロで感想語る①THE ORAL CIGARETTES

新企画です!

 

自分の中で全く知識のないバンドをアルバム聴けるだけ一気に聴いてみて、雑誌やネットのインタビューや本人のツイート等々を一切見ずに自分の独断と偏見だけで語ってみるという企画です。

ルール

①思ったことを書くこと

②インタビュー等ほかの情報は一切遮断して書く

③可能ならMVも含め三次元の情報も遮断する

元々そのバンドが好きな方にとってはマックス許されない企画だと思いますけど、笑って許して!

 

第一弾はTHE ORAL CIGARETTESについて書いていきます、よろしくお願いします。

 

ちなみにこのために聴いたCDは

「オレンジの抜け殻、私が生きたアイの証」

「The BKW Show!」

「FIXION」

「UNOFFICAL」

いずれもTSUTAYAで借りてきました。

 

 聴く前

名前はうっすら聴いたことあったんですよ。というのは昔ロッキンやCDJの出演アーティスト全組のAppleMusic配信率を確認するブログがあったりとか(昔のデータですけどよければ)

 

colorfulwhite2.hatenablog.com

 

あとVIVA LA ROCK皆勤賞という事で、ラインナップやタイムテーブル上でずっと名前見てたってのもあります。2年目はみるチャンスあったんですけどたぶん最前列待機しててみるの辞めちゃったんですよね。

で、曲名は一切一致してないんですけど去年のCDJで何曲か見てるんです。

すごいカッコ良い、かっこいいんだけど自分が思ってたのより2オクターブくらい低くてびっくりしてですね。

要は邦ロックの若いバンドがほぼほぼキー高くて細い歌い方で、(それ界隈を積極的に聴いてるわけでもなく)なんとなくその流れでスルーしてたんですけど、CDJで見た感じ「むしろビジュアル系の文脈なのかな」っていうのは歌い方から感じました。低音の出し方とかビブラートの細かさとか特にね。あるいはアニソン系とか男性声優さんの歌い方。MCの声が普通っぽかったことから、多分めちゃくちゃボイトレしてるんじゃなかろうかと思ってた。 

 

 

聴いてる時

 まず声の話をすると、時系列順に並べた時の最初の二枚はCDJで聴いた印象よりは普通の歌い方だなって思いました。直近に比べるとね。具体的にいうと、声低めの普通のボーカルが突然ビジュアル系のボーカルにジョブチェンジした感じ。「悪戯ショータイム」とか「Shala la」とか。

なんか、低音の出し方とビブラートが完全にビジュアル系、てか完全にラルクHydeでしてね。声優でいうと宮野真守くんとか。Wikiすら見てないんですけどここまでアルバム数枚で大きく変わるもんかと驚いております。

サウンド自体は大きく変わってるところは感じなくて、イントロのキャッチ―さと不穏さ、そしてサウンドの骨太さを両立しててすごいと思いました。こういうバンド探していたまである。

もう解散しちゃったバンドで椿屋四重奏っていう、すごい洒落てて艶っぽくて素敵なカッコいい人たちがいたんですけど、比較すると明らかに軽快で「ああロキノン系ぽいー(disってない。断じてdisではない)」と思いました。

でも節々にビートの骨太さや力強さを感じます。絶対ライブかっこいいやつ。

 

あと言い方あってるかわからないんですけど、ゴシックみがすごいんですよ。絶対テーマカラー黒だろこやつら。あと歌詞がすごいエロイ。絶対女性ファンたくさんなんだろうなと想像してます。

ビジュアルちゃんと見てないですけど、多分黒いひらひらしたの着てる気がします。ええ。

 

ちなみに一番好きな曲は「狂乱Hey Kids」か「Shala la」の二択です。

聴いた後

聴いた感じ、ビジュアル系、それもL'Arc-en-CielとかLUNA SEAとかそっちのオールドな方向性なのかなって思ってましたけど、むしろ現代の邦ロックという域を超えない程度にそっちよりっていうバランス感覚が僕にはちょうどいいというか、好きだなって思いました。

 

あと、何年か続いた椿屋四重奏ロスが解消できそうだなと思いました(色々失礼)

 元椿屋の中田裕二さんのソロ活動も好きで聞いてるしライブも見に行くんですけど、どちらかというと歌謡曲チックで、ソウルミュージックに寄せてる事もあってゴシックホラーみとか背徳感は椿屋よりは抜けてるかなって。前にSKY-HIさんのライブも中田さん寄りだなって思ったけど。

オーラルの(僕にとっての)良さは「怖さ」とか「エロさ」に見出してる気がします。なんとなくこれまで潔癖な感じというか、性的な部分を去勢された感じのを好んで聴いてた傾向にあるので、こういう明確にエロいのも新鮮に聴けたのがよかったと思います。

あと、椿屋四重奏の曲使った「さよなら絶望先生」のMAD動画がすごい好きなので絶対オーラルも絶望先生の世界観合うと思います。あぁ、でも大正ロマン感はさすがにないかもなあ。黒を基調とした服着たカッコいい兄ちゃんたちが返り血浴びまくってる感じ(?)

 

 

うまいこと言おうとしてグダグダになってきたのでやめます。終了!二回目もやりますん。

個人的アイドル楽曲大賞&月間ベスト 2月号

昨年までは1クールごとに書いていた忘備録ですが、結構効果を実感したので毎月書こうと思います(一ヶ月ぶり2回目)

 

今月に関してはランク付けしてみたけども、まあ微妙やなー。全然出揃ってないし聴き通せてないのでね。全然変わりますよ

 


アイドル楽曲大賞暫定版

メジャー曲部門
続きを読む

#俺なりのNegiccoトリビュートアルバム とかいう神々の遊び

goodbyemusic.blog.fc2.com

 

このブログでいうと楽曲提供されたい大賞でも反応していただいた桐山さんがかなりカオスなことされてたので、即座に考えてしまいました、というのが先週の話。

 

 

 

 

 

桐山さんの方でも違う方のアイデア拾っていただいて、特に「クリームソーダLOVE/中田裕二」さんのところはわりかしいじっていただいたんですけど、他の部分で語りたいかなって思ったので、バージョン2のほうしか文章データ残ってなかったんですけどコメント書きますね

 

1トリプル!WONDERLAND/Perfume


Negicco「トリプル!WONDERLAND」MV


[MV] Perfume 「Magic of Love」

 

全体的に言えるポイントですが、歌詞も女の子らしいし第一「ネギ」というワードがかなり厄介だな、ということからそこを苦にしない方か、そもそも女性に歌ってもらうという事がキモかなあと。

この曲は「ネギ」にくわえて「三人」であることが非常に重要なので、その上でもPerfumeにやってほしいかなと。あとNegiccoPerfume

の因縁(?)があってみなさんどうするかお考えあるんですけど、矢野さんと中田ヤスタカさんって歴史上の交わりってそんななかったかもなと思いまして。


2光のシュプール/フィロソフィーのダン


Negicco「光のシュプール」MV


フィロソフィーのダンス「告白はサマー」

上質なポップスをうたうという意味で、Negiccoの系譜なのかなっていう。

Negiccoの特色として楽曲のルーツっぽさを前面には出さず匂わす程度のバランス感がキモだと思うんですけど、フィロのス辺りはその力配分うまいんじゃないかなと。


3BLUE,GREEN,RED AND GONE/cero


Negicco「BLUE, GREEN, RED AND GONE」首都高巡礼Ver.


cero / 街の報せ【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

これはもう、変拍子と東京の地名のあたりはceroっぽいかなって。脳直です。

アイドルで固めるんなら、callmeかMaison book girlにお願いしましょう。

 

 

4圧倒的なスタイル/モーニング娘。'17


Negicco / 圧倒的なスタイル (MV) 高画質ver.


モーニング娘。'16『泡沫サタデーナイト!』(Morning Musume。'16[Ephemeral Saturday Night]) (Promotion Edit)

 

うまいこと見つかんなかったけど、NEGIバンドバージョンの方が合う気がします。

この曲はファンクゴリゴリにアレンジしたら合うんじゃないか、というのは去年のライブの感想です。没案みたら東京スカパラダイスオーケストラって書いてました。


5アイドルばかり聴かないで/やくしまるえつこ


Negicco / アイドルばかり聴かないで MV(full ver.)


やくしまるえつこ『ロンリープラネット』(RADIO ONSEN EUTOPIA) MV Full ver.

これは、夜中に考えたこともあって何にも覚えてないんですけど、もうこれ以外にアイデアが全くでないチョイスです。やくしまるさんと小西さん。


6クリームソーダLove/中田裕二


クリームソーダLove (Live) - Negicco


中田裕二 - UNDO

これも全く覚えてないですw、聴いた瞬間「あ、中田さんだ」と。元々椿屋四重奏だって女性目線の曲多かったですし。

田島貴男さんもこの歌しっくりきたって言って弾き語りしたところ、そこはかとなくブラックミュージックっぽいエッセンスが根っこにあって選んだんだと思うんですよね。


7サンシャイン日本海/RYUTist


Negicco「サンシャイン日本海」MV(Full)


【フル試聴】日曜日のサマートレイン|RYUTist【MV】

新潟で、フィロのス同様テイストも近いので、ぜひ参加してほしいグループの一角。曲は、他の方にも歌ってほしいかなって思うのでもうちょっと吟味したいかも。

 

8パジャマ・パーティー・ナイト/E-girls


早朝フェス#05 2015-02-18 08:07:22


E-girls / Highschool ♡ love

テーマは「Highschool love」の10年後ですねw

ちなみに没案ではGENERATIONSに歌ってほしいと思っていたらしい。

エイベックス特有の妙にノリが軽いダンス系サウンド版が楽しみで仕方ない


9SNSをぶっとばせ/藤原さくら


Negicco × OKAMOTO'S / SNSをぶっとばせ


藤原さくら「Ellie」

女性のロックシンガーみたいな方向だと例えばSuperflyとか、最近だとGLIM SPANKYなんかもありかと思うんですけど、んー世代とかアイドル性みたいなとこの相性で選んでみた。

藤原さくらだったらむしろ江南宵歌じゃね」っていうツイートみて、ああ確かにと思うなど

 

10ときめきのヘッドライナー/パスピエ


Negicco「ときめきのヘッドライナー」MV


パスピエ - 永すぎた春, PASSEPIED - Nagasugita Haru

 

11虹/ORANGE RANGE

虹

 


ORANGE RANGE - SUSHI食べたい feat. ソイソース

BGRGに限らずまあまあへんてこな曲だと思うんですよねこれ。

最初はトリプル〜でも良いかなって思ったんですよ。3人で歌い分けたところとかうまいと思うんですよね


12ねぇバーディア/私立恵比寿中学


【コメあり】ねぇバーディア 私立恵比寿中学  エビネギ Negicco Live

もうこのままでいいから、このライブ音源でいいから


13愛、かましたいの/NGT48


Negicco「愛、かましたいの」MV 作詞・作曲 堂島孝平 編曲 石崎光(cafelon) (2016/12/20 release)


【Full HD 60fps】 NGT48 Maxとき315号 <フルコーラス歌詞付>(2016.04.09)

途中にセリフ入れる感じなんかぜったい秋元康大好きだと思うし、練習してるんじゃないかなと(そんなばかな)

 

 

 

感想

でんぱ組をなんとか入れたかったんですよね。

まあRYUTistとNGTを文脈だけで入れちゃったし、笑って許して

 

あとハマんなくて没ったやつは、RELISH/Awesome City Clubですかね

音楽の趣味、大抵彼氏の影響説

メインテーマ:音楽シーンのタコツボ化に関する乾燥した感想

サブテーマ:某マッチングアプリの音楽好きな女性100人が選んだ「好きなアーティスト」

 

事の発端は先日フォロワーさんとご飯した時に交わした会話なんですけど、「フェス行きました〜」とか「フェス余韻」とか言ってる奴の呟きから

・フェスをどのように見て回ったか

・それぞれのステージを誰と見たか。1人か、彼氏か、友達か、はたまたフォロワーか

・見るアクトの判定理由は何か=その人がこれまでどんな音楽を聴いてきたか

 

というのをプロファイリングする、という地獄のようなゲームをしてたんですね。

 

昔久保みねヒャダでカラオケの履歴プロファイリングってやってましたけど、そのノリです。

 

例えばですね、昨年のCDJをこんな感じで回った女の子がいたとします。どう考えますか?

 

続きを読む

個人的アイドル楽曲大賞&年間ベスト 1月号

昨年までは1クールごとに書いていた忘備録ですが、結構効果を実感したので毎月書こうと思います。

 

ただ、まだランクづけはしません。あと、アイドル楽曲大賞は昨年12月分も候補に入るので、そちらも加味してます。あと、ぎりぎり2月1日リリース分も入りましたがよろしくお願いします。

 

アイドル楽曲大賞暫定版

メジャー曲部門

「WWDBEST」でんぱ組.inc 

 


でんぱ組.inc「WWDBEST」MV Full

 

「愛、かましたいの」Negicco

 


Negicco「愛、かましたいの」MV 作詞・作曲 堂島孝平 編曲 石崎光(cafelon) (2016/12/20 release)

この2つに関して言えば昨年の時点で楽曲ベストに入れたので、そちらを参照ということで。

 

 

「パラダイスな片思い」虹のコンキスタドール


「パラダイスな片思い」 虹のコンキスタドール(虹コン) 2016.8.27 恵比寿LIQUIDROOM

こちらは昨年12月発売のアルバムから。多分桐山さんとかから回ってきたんだと思うんですけど、正直全く予想外なところから飛んできたと思ってですね。

というか、「おっぱいに頼りすぎ問題」で虹コンの名前出した段階では「もふくちゃん界隈絡んでからよけいにでんぱの影がちらついてキッツいなぁ」という風に思っちゃったんですよね。こういうどファンクやるってことと、虹コンがファンクやっても音がかなり強くて上がるからそれはそれで良きという、新たな発見でした。

 


夢みるアドレセンス 『恋のエフェクトMAGIC』YouTube Ver.

Mrs.GREEN APPLEのことは別にも書きますけど、ここまで乙女な曲書ける男性アーティスト(ヤスタカさん的な乙女心を感じた)には期待しかないです。

本人たちのことは、まあほとぼりが冷めるまで待ちましょう。個人的には、また5人でしれっと活動してくれないかな、とは。

 

「The Cut」リリカルネッサンス


リリカルネッサンス【1.22「The Cut」ライブ映像(初披露)】lyrical school+アイドルネッサンス

 

良くならないわけがない選曲なのに、やることが全く予測出来なかった、今年ベスト候補です。ちゃんとリリースすればの話で。

Dさんパートはやっぱ難しいのは想像つくんですけど、宇多丸さんパートものすごい熱量とテクのバランスがすっごい難しいんですよね。

 

リリスク卒業寂しい。

 

 

アルバム部門

山口活性学園「Note 3」


山口活性学園/ONE(MV)


【MV】山口活性学園 「mama 」

去年もちょこちょこ書いてますけど、やっぱ彼女たちの曲は音作りの時点でちょっと一歩飛びぬけてかっこいいですよ。「mama 」もしっかりアコギ鳴ってて好きです。

既発曲は多いんですけど、といいつつ青春パンクからピコリーモまで今のところうまく乗りこなせてる感じします。

 

 

 

 

 

 

年間ベストアルバム 暫定候補

とりあえず、気に入ったのをいくつか。

 

OLIVE(CD Only盤)

OLIVE(CD Only盤)

 

 

 

Mrs.GREEN APPLE(初回限定盤)(DVD付)

Mrs.GREEN APPLE(初回限定盤)(DVD付)

 

 

 

四畳半

四畳半

 

 

 

NEW TRIBE(初回限定盤)(DVD付)

NEW TRIBE(初回限定盤)(DVD付)

 

 

 

FAMILY SWING

FAMILY SWING

 

 

 

FREEDOM【通常盤】

FREEDOM【通常盤】

 

 

 

&DNA(初回限定盤)

&DNA(初回限定盤)

 

 

 

Noah's Ark (完全生産限定盤)

Noah's Ark (完全生産限定盤)

 

 

 

 

THE KIDS(通常盤)

THE KIDS(通常盤)

 

 

  

Awesome City Tracks 4

Awesome City Tracks 4

 

 

 

THE END

THE END

 

 

 

 

penetration

penetration

 

 

 

ETERNALBEAT(通常盤)

ETERNALBEAT(通常盤)

 

 

嘘と煩悩 (通常盤)(CD)

嘘と煩悩 (通常盤)(CD)

 

 

 

助演男優賞

助演男優賞

 

 

いまんところ、SKY-HIとミセス(この中にはないけどTHE ORAL CIGARETTESも)がCDJからガッツリ聞こうという意気込みでハマってるのと、作品単位だとafocとねごとがぶっちぎり好きかなーって感じです。

あと、GADORO、Creepy Nuts、ぼくりりくん、KREVA辺りでの僕内ラップブーム(といいつつ実はCHICO CARLITOの去年のアルバムがきっかけ)、ACCとSuchmosとパスピエという幸せすぎる組み合わせとか、いろいろ伝えたくて書いてみました。はい。

 

 

 

 

 

ここで告知

 

はい。全く勝ち目のない「オールナイトニッポンZERO パーソナリティオーディション」に参加してみました。

 

動画でも話してるんですけど、前回オーディションは年齢的にできなかったんですよね。参加したい、ラジオ出る挑戦をしてみたい気持ちと「どうせしゃしゃり出て落ちて恥かいて後年になって恥ずかしくなる奴やろ」という気持ちが戦ってたんですが、ぎりぎり前者が競り勝ったので人生初LINE LIVEやったと、そんな感じです。つくりましょう黒歴史

 

視聴回数、押されたハート数も選考対象となるそうですので、ご覧の方でもしよければ、つたない喋りですけど見てポチポチしていただければと思います。お願いいたします。

僕の人生ベストソング トップ11

みなさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

 

年明け早々、2年連続「ネットの音楽オタクが選んだ2016のアルバム」で寸評を書かせていただきました。pittiさんやレビュアーのみなさん、そして読んでくださったみなさんありがとうございました。

 

ongakudaisukiclub.hateblo.jp

ongakudaisukiclub.hateblo.jp

ongakudaisukiclub.hateblo.jp

 

 

NICO、でんぱ組、ユニゾンGRAPEVINE、[Alexandros]、NegiccoPerfumeについてレビューしてます。

 

ちょこちょこ「嬉しいこと書いてある!」というお声も頂きましたし、個人的過ぎる内容に「気持ち悪い」とのお声も拾いましたが、その「気持ち悪さ」は狙って出来たことでもあり僕の良いところでもあるので、トータルすごい良い経験だったと思います。

 

そして、これきっかけでお話する方が結構増えまして、「そういえば自己紹介的なことをした方が良いだろうか?」と思い、こうやってブログを書いています。

 

以前レジーさんが書いてた90年代ベスト、みんなこぞって記事書いてる祭りに乗れなかったんですけど、メンタルはそのノリです!それではトップ11始めていきましょう!なんでトップ11かって?一歩先にいたいからさ…

 

続きを読む